Accueil
すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン

Mâcon-Uchizy マコン・ウシジィ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premier Cruとグラン・クリュ/Grand Cru以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

マコン・ウシジィ

色 / ぶどう品種

白ワイン:シャルドネ/Chardonnay 

ワインの特徴

とても恵まれた向きの畑であることを反映して、マコン・ウシジィ/ Mâcon-Uchizyの白は、輝きのある淡い黄金色をしている。とても表情豊かで、最初の香りは、果樹の熟した果実(リンゴ、洋ナシ、モモ)や春の白い花(スズラン、アカシア)が入ったカゴのようにたっぷりと広がる。かすかに酸っぱい砂糖菓子のニュアンスも、ワインが若いうちには感じ取ることができ、このアロマの喜ばしい特徴に貢献している。肉付きの良いテクスチュアが、心地よく爽やかな長さを提供している。

 

ソムリエのおすすめ

白ワイン: このワインの陽光によく当たったアロマの特徴と味わいの柔らかさは、熟成が中程度のカビのついたヤギのチーズと、もちろんよく合う。テロワール/ terroirを味わうアペリティフでは、伝統的な、AOCマコネや、その隣のシャロレのチーズである。そして、ブレス鶏のグリルや、ソーヌの小魚の揚げ物で続ける。この白ワインはまた、地元の淡水魚の料理を崇高なものとする(ドンブの鯉と白ワイン、ヴェルダン・シュル・ル・ドゥーブのポシューズ)。
サービス温度 : アペリティフでは10 ~ 11°C、食中では11~12°C

位置

マコン・ウシジィ/ Mâcon-Uchizyの畑は、ソーヌ渓谷を見下ろし、マコネ/ Mâconnaisの山々の最も東の支脈に位置する。この山の西側は、マコン・シャルドネ/ Mâcon-Chardonnayのエリアが始まる。紀元前 27 年から、初代ローマ皇帝アウグストゥスの娘婿であるアグリッパが整備した道に沿ってのびる川に近いことが、歴史的には常に有利な条件であった。このことから、丘のふもとに位置するウシジィ/ Uchizyの村には早くから人が住み始めた。紀元1000年を前に、古代のOlcasiacusはトゥルヌの修道院の主導のもと、その小修道院のシャトーのあたりで二つに分かれた。その小修道院の教会の鐘楼は、見張り塔でもあった。村の住人の傲慢な繁栄と妥協する形で、大修道院長のジラール4世は1331年、住民たちに解放特許状を与え、運営のかなりの自由を認めた。商売人であり、ソーヌ川の西側の広大な草原を放浪する羊飼いであり、定住するぶどう栽培・ワイン生産者でもあったChizerotsは、独特の考え方を持っていたことが、ヴィクトル・ユーゴーの兄であるアベル・ユーゴーが1835年に出版した作品La France pittoresqueの中で記している。

テロワール/Terroir

モンベレ/Montbelletの畑と同様、ウシジィ/ Uchizyのぶどう畑は、ソーヌ川の回廊の対照的な大陸性気候の影響を受けている。冬は霧が出て、冷たい風が吹き、夏の平均気温は高い。
有利なことに朝日を受ける向きで、ぶどう畑の大半は小さな丘の標高240 ~300mの場所に広がっている。シャルドネの小川の背斜谷の南(La Belouze, en Monthioux)では、ウシジィ/ Uchizyのテロワール/ terroirの基層は、« caille » (火で裂ける)と呼ばれる石のタイプの石灰岩の層と、層間は、ジュラ紀中期と後期(1億5500万年前)の深い泥灰岩で交互に現れる。北部では、丘陵の上部(les Maranches)は同じ特徴があり、ウーライトを含む白い石灰岩とウミユリ石灰岩の層があるバジョシアン期(1億6700万年前)の、より炭酸塩の多い土地の上に広がる。このバジョシアン期の土壌は、浅い海(les Condemines)の沈殿の過程を示している。
なお、村の近くでは、粘土と丘陵の浸食で生じた石灰岩の細かい小石で構成される緩やかな斜面にぶどうが植えられている。これは、マコン・モンベレ/ Mâcon-Montbelletで見られる地層である。

 

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DU MÂCONNAIS

  • インフォメーション

    マコネ/ Mâconnaisの地域名アペラシオン/Appellations Régionales のマコン/Mâconの地理的呼称付記。2005年のデクレ(政令)により、マコン/Mâconにウシジィ/ Uchizyを付記した呼称は、唯一の村ウシジィ/ Uchizyの域内の境界を画定された範囲で造られた白を示している。

  • 栽培面積

    生産中の栽培面積 : 46 ha

  • 年間平均生産量

    年間平均収穫量: 393 000 本

    *出典 : 2016-2018年の3ヶ年平均
     

This text will be replaced
This text will be replaced

Discover Bourgogne Maps, the interactive atlas

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}