特別な機会に

牛ロースの塩焼き

恋人たちの食事、家族でのお祝いの席、カレンダーに印をつけたくなるような特別な日。

このかけがえのないときを大切に過ごすために、ぜひ工夫をしてみましょう。

ブルゴーニュ/Bourgogneワインの優美で洗練された世界へようこそ。

さあ、魔法をかけましょう。

牛ロースの塩焼き, 百合根と舞茸のソース野菜だしあんかけ
  • 1

    鍋にくず野菜、シイタケ、昆布、水を入れていったん沸騰させてアクを取る。火を弱めて 煮詰めてゆき、濾しておく。

  • 2

    ユリ根は蒸して適当な大きさに切っておく。白マイタケは焼いてから切り、ユリ根と混ぜ 合わせピューレにする。

  • 3

    牛ロースは中心温度を常温に戻しておき、焼く前に塩を軽くして炭火で焼く。

  • 4

    ①のだしを温め葛をひき、器に③をカットして入れ、②を横に添えて上から①のだしをか ける。

  • 5

    木の芽を添える。

言葉

シェフの

ワインとのマリアージュ:

完熟した赤い果実の香りと力強くもなめらかな味わいをもち、全体的な調和に優れて余韻の長い、
ブルゴーニュ/Bourgogneでも最高峰の赤ワイン。サシの入った和牛のサーロインは、表面を香ば
しく焼き上げる炭の力により、肉自体の風味が一段と引き出される。シイタケや昆布などだしの効い
たくず餡のなめらかなテクスチャーが、調和のとれた偉大な赤ワインの舌触りをさらにスムースなも
のとし、肉とワインが奏でる荘厳なまでの調和に貢献する。

調和

完全な

ワイン醸造学

おすすめワイン:
エシェゾー・グラン・クリュ/Echezeaux Grand Cru
その他、ボンヌ・マール・グラン・クリュ/Bonnes-Mares Grand Cru、クロ・
サン・ドニ・グラン・クリュ/Clos Saint-Denis Grand Cru、ロマネ・サン・ヴィ
ヴァン・グラン・クリュ/Romanée-Saint-Vivant Grand Cru など
「力強く、品格があり、複雑さをもつ」タイプのブルゴーニュの赤ワイン

試飲のためのアドバイス

  • テーブルウエア4
  • 調理時間40分(所要時間(野菜だしの時間を除く)

材料

材料
牛ロース(サーロイン)200g
ユリ根 80g
白マイタケ 20g
木の芽 適量
カラシ 適量
【くず野菜だし】
仕上がり 400〜500ml まで煮詰める
くず野菜(アスパラガス、ダイコン、
ニンジン、ネギ)1200g
干しシイタケ 30g
昆布 30g
水 8000ml

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}