Accueil
すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン

Mâcon-Pierreclos マコン・ピエールクロ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premier Cruとグラン・クリュ/Grand Cru以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

マコン・ピエールクロ

色 / ぶどう品種

白ワイン:シャルドネ/Chardonnay
赤とロゼワイン:ガメイ/Gamay

ワインの特徴

マコン・ピエールクロ/ Mâcon-Pierreclosの白ワインは、きれいな淡い黄金色で、ナッツやドライフツールの繊細な表情豊かなアロマが、蜜蝋を思わせる花のような香りと組み合わさって感じられる。樽熟成により、焙煎のニュアンスや、良く溶け込んだスパイスを感じさせる。味わいは、豊満でなめらかで、心地よい感覚があり、余韻のみずみずしさのおかげでバランスが取れている。

マコン・ピエールクロ/ Mâcon-Pierreclosの赤ワインは、隣のスリエール/ Serrièresと同様、「本格的」なカテゴリーのワインに入る。強烈な美しいルビー色で、ガメイ/ Gamayはまず、やや厳格である。その後、生のキノコや甘草、タバコのアロマが現れ、より魅力的になる。テイスターの中には、この複雑さのために、「ピノ化(ピノ・ノワールに似る)」の傾向があると言う人もいるであろう。かなりタニックで、閉じた味わいだが、ある程度の熟成能力を予感させる。
 

ソムリエのおすすめ

白ワイン : このワインの生き生きとした味わいにより与えられる完璧な組み合わせとしては、アントレにセイヨウネギのトゥルトや、クリーミーに仕上げたヴェリーヌのリゾットを選ぶ。次に、鉄板で焼き目をつけた海の幸(マテ貝)や牡蠣のグラタン、かの有名なブルゴーニュ/ Bourgogneのエスカルゴに使われるパセリバターが、ワインの酸の骨格と対照的となる。 
サービス温度 : アペリティフでは10 ~ 11°C、食中では11~12°C

赤ワイン : 豊かなアロマと肉付きのよい味わいにより、筋のある肉とよく合う(鴨のラビオリ、シャロレ牛の骨付きあばら肉のブレゼ)。ワインに漬ける料理では、2018年など、暑い年のヴィンテージを選ぶと良い。ソースの酸味を和らげてくれるからである。例えば、ブッフ・ブルギニヨンやエスカルゴのムーレットソースとこのワインとのバランスの良い美味しい組み合わせが楽しめる。食事の最後には、ガメイ/ Gamayのみずみずしさと合わせるために、ウォッシュタイプのブルゴーニュ/ Bourgogneの牛のチーズで、あまり熟成していないものや、熟成させたもの(パレ・ド・ブルゴーニュやサンドレ・ド・ヴェルジィ)を選ぶと良い。
サービス温度 : 14 ~ 15°C.
 

位置

マコネ/ Mâconnaisの起伏と、この場所から東に向かうプティット・グロスヌの渓谷の合流点にあるマコン・ピエールクロ/ Mâcon-Pierreclosのぶどう畑は、プティット・グロスヌの小川の両岸に広がる。南は、村の端のマコン・スリエール/ Mâcon-Serrièresの境界まで丘陵が続く。北は、マコン・ミリィ・ラマルティヌ/ Mâcon-Milly-Lamartineとマコン・ブシエール/ Mâcon-Bussièresと接する。

ピエールクロ/ Pierreclos (Petra clausa : 閉ざされた石) は、ブシエール/ Bussièresとスリエール/ Serrièresと形成する「黄金の三角形」の西の点で、そのシャトーと密接に関連した歴史を持つ。川の増水から免れた小さな丘に建てられたこのシャトーは、当初は教会であったが、マコン/ Mâconの司教区が主導して要塞化された。マコネ/ Mâconnaisとボジョレ/ Beaujolaisの間の軍事的な問題により、混乱の15世紀と宗教戦争のさなかに、このシャトーは多くの包囲攻撃や被害を受けた。1789年7月には、マコネ/Mâconnaisの略奪を受ける。その後の復興で、この村の幾何学模様の多彩な色を使った瓦が高く評価された。これ見よがしな装飾を好んだブルゴーニュ公国の栄華の影響を思い起こさせるものであった。多くの景観があるピエールクロ/ Pierreclosでは、2009年、マコン/ Mâconとシャルドネ/ Chardonnayの村と共に、ブルゴーニュ/Bourgogne のサン・ヴァンサン・トゥルナントが行われた。
 

テロワール/Terroir

村の南西にある、東向きの急な斜面では、モン・ベルゼの斜面の標高270 m(Vignes des Margots)~425 m(la Varenne)にぶどう畑が広がる。村の北側にあるクラ山(506 m)のほとんど垂直な山腹は、暑く、南と南西向きで、標高280 m ~460 m (Clos de la Condemine)で、ヴァリエール/ Vallièreの背斜谷に張り出している。マコネ/ Mâconnaisの標高の高さによるコントラストのある気候の影響、つまり日中は暑く夜は寒いという気候が、この場所では明確に感じられる。
このエリアでは、中生代に堆積した岩と、古生代の結晶質の地層があり、ぶどう畑は、砂岩質やバラ色の砂の土壌の酸性の花崗岩もあれば、粘土質の重い泥灰岩の土壌、そして、とても小石が多く浅い、硬い石灰岩の土壌もある。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DU MÂCONNAIS

  • インフォメーション

    マコネ/ Mâconnaisの地域名アペラシオン/Appellations Régionales のマコン/Mâconの地理的呼称付記。2005年のデクレ(政令)により、マコン/Mâconにピエールクロ/ Pierreclosを付記した呼称は、唯一の村ピエールクロ/ Pierreclosの域内の境界を画定された範囲で造られた白、赤、ロゼを示している。 

  • 栽培面積

    生産中の栽培面積 :
    白 : 28 ha
    赤 : 30 ha

  • 年間平均生産量

    年間平均収穫量:
    白 : 205 400 本
    赤 : 191 700 本

    *出典 : 2016-2018年の3ヶ年平均

This text will be replaced
This text will be replaced

Discover Bourgogne Maps, the interactive atlas

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}