Accueil
すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン

Mâcon-Chaintré マコン・シャントレ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premier Cruとグラン・クリュ/Grand Cru以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

マコン・シャントレ

色 / ぶどう品種

白ワイン:シャルドネ/Chardonnay

ワインの特徴

地理的にとてもまとまりのあるテロワール/ terroirである結果、マコン・シァントレ/ Mâcon-Chaintréの白は、すでに南を思わせ、輝きのある黄色がかった黄金色をしている。最初の香りは、繊細な表情豊かで、かんきつ類(レモン、グレープフルーツ)やトロピカルフルーツを感じる。次に、白い花(アーモンドの木、バラ)の繊細な芳香が、アロマに複雑さを与える。このワインは、質感と長さ、バランスを、トロリとした感じや円み、そして余韻に高まる張りとに結びつけている。

ソムリエのおすすめ

白ワイン :このワインの陽光によく当たったアロマの特徴と味わいの柔らかさは、熟成が中程度のカビのついたヤギのチーズと、もちろんよく合う。テロワール/ terroirを味わうアペリティフでは、伝統的な、AOCマコネや、その隣のシャロレのチーズである。そして、ブレス鶏のグリルや、ソーヌの小魚の揚げ物で続ける。この白ワインはまた、地元の淡水魚の料理を崇高なものとする(ドンブの鯉と白ワイン、ヴェルダン・シュル・ル・ドゥーブのポシューズ)。
サービス温度 : アペリティフでは10 ~ 11°C、食中では11~12°C

位置

マコン・シァントレ/Mâcon-Chaintréは、AOCマコン・ヴァンゼル/ Mâcon-Vinzellesの延長線上にあり、マコネ/ Mâconnaisの山々の最も南を占める。南側は、シャーヌ/ Chânesの村で、AOCサン・ヴェラン/ Saint-Véranが始まる、一方、西側のプイィ・フュイッセ/ Pouilly-Fuisséと東のマコン・シァントレ/Mâcon-Chaintréは、県道D169が境界となっている。シァントレ/ Chaintréの村は、標高274 mという高さにある教会の周辺に築かれたが、14世紀以降、何度も手を加えられてきたシャトーは、丘のより低い場所(標高194 m)に建てられた。シャトーの代々の所有者は、富裕な商人や貴族の称号を与えられた国王の官吏で、ぶどう畑の品質改善やワインの商売におけるリヨンのブルジョワ層の役割の重要さを証言している。彼らの主導により、20世紀に法的な枠組みができたが、これは特に、この地方出身のシャルル・ペラトン(Charles Perraton)の尽力による。ペラトンの記念のプレートは、シァントレ/ Chaintréの協同組合の近くに設置されている。1919年から、ぶどう栽培の組合活動に投資をしたペラトンは、新たに設立されたアペラシオン・ドリジーヌ全国委員会で、1935年、ワインのAOCの将来を定義する最初の仕様書の制定に貢献した。

テロワール/Terroir

ロシェ/Loché -ヴァンゼル/ Vinzelles間の地質的にとても均質な斜面の恩恵を受け、マコン・シァントレ/Mâcon-Chaintréのぶどう畑は、標高180 ~218 mの東向きの緩やかな斜面に広がる。気候は、南の影響を受け、ぶどうの生長サイクルにはとても良い条件となっている。

ぶどう畑は、第四紀(250万年前以降)の地層に広がる。これは、バジョシアン期(1億7000万年前)に形成された丘陵の浸食により生じた、石ころだらけの崩れ落ちた土砂の堆積が、粘土と混ざったものである。この土壌は、沖積土で豊かになり、丘の高いところよりも深い。
 

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DU MÂCONNAIS

  • インフォメーション

    マコネ/ Mâconnaisの地域名アペラシオン/Appellations Régionales のマコン/Mâconの地理的呼称付記。2005年のデクレ(政令)により、マコン/Mâconにシァントレ/ Chaintréを付記した呼称は、シァントレ/Chaintré、シャーヌ/Chânes、クレシュ・シュル・ソーヌ/Crêches-sur-Saôneの村の域内の境界を画定された範囲で造られた白を示している。

  • 栽培面積

    生産中の栽培面積 : 56 ha

    *出典 : 2016-2018年の3ヶ年平均

  • 年間平均生産量

    年間平均収穫量 : 440 400 本

    *出典 : 2016-2018年の3ヶ年平均
     

This text will be replaced
This text will be replaced

Discover Bourgogne Maps, the interactive atlas

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}