すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Pernand-Vergelessesペルナン・ヴェルジュレス

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域:Côte de Beaune
    プルミエ・クリュのClimatsが11ある。
    生産コミューン:Pernand-Vergelesses
    Pernand-Vergelessesは3つのGrands Crusも産出する: CORTON, CORTON-CHARLEMAGNE, CHARLEMAGNE(No.31, 32参照)。
    アペラシオンPERNAND-VERGELESSES とPERNAND-VERGELESSES PREMIER CRUはアペラシオン名の後ろにClimat名を記載できる。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤: 79.82 ha (うち 43.73 haは Premier Cru )
    白: 58.63 ha (うち 18.65 ha は Premier Cru )

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤: 3 162 hl (うち1 654 hl は Premier Cru )
    白: 2 662hl (うち 870 hl は Premier Cru )

色 / ぶどう品種


赤ワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤は濃いルビー色で深い赤紫を帯びる。香りはイチゴ、キイチゴ、スミレ。ときとともに森の下草、スパイスの香りを伴う。味はしっかりとした肩と、まろやかな溶けたタンニンが両立する。肉づきがよくコクがあって、オイリーなので非常にバランスがとれている。
白はホワイトゴールドとイエローゴールドで、年を経て黄金色は濃くなる。白い花の香り(サンザシ、アカシア)は時間がたつと、龍涎香、蜂蜜、スパイスが現われる。口に含むとミネラルで、ハーモニーがとれ、とても愛らしいワイン。

ソムリエのおすすめ


赤: 肉づきがよく、しっかりしている。非常に魅力のあるワインである。タンニンは豊かであるが溶けてまろやかなので、ラム、北京ダック、豚の網焼きなどの肉料理が合う。ローストビーフももちろん相性がよい。チーズはmont d'or、vacherin、tomme de savoie、reblochon、cîteaux などがおすすめ。
サービス温度: 15~16℃
白: 軽く、生き生きとして快活。一押しは鮨である。鮨の素材がもつコリコリ感または柔らかいテクスチャー両方に合う。また川魚のクリームソースやシーフードリゾット、水炊きなどもよい。チーズは gruyères、青カビ、chèvre 系統と相性がよい。
サービス温度: 10~12℃

位置

2つの谷が出会う場所にある Pernand-Vergelesses は Côte de Beaune の上部にある。 «コルトン山 » にペルナン・ヴェルジュレス、アロース・コルトン、ラドワ・セリニィの3つの村があり、すばらしい畑が広がる。Corton の赤、Corton-Charlemagne の白は両方とも見事なグラン・クリュである。斜面と傾斜のある道が、ぺルナンの趣となっている。フランスの演劇改革者で 1920年代に演劇を「地方へ広めた」中心人物、ジャック・コポー(1879-1949年)はここに長く住み、ここで演劇集団「コピオ」の旗揚げをした(有名な俳優たちがここで育った)。この活動はまだ続いている。

テロワール/Terroir

ほとんどの畑は東向き、南向きで、北東向きもところによりある。標高は250~300m。丘の麓は粘土石灰質にシャイヨ(石灰質の火打石と珪土の破片)がまざる。これらは 耕しやすく、カリとリン酸が豊富。中腹では小石まじりの石灰質土壌が Pinot Noir に適している。上部では褐色や黄色を帯びた泥灰土で、Chardonnay 向きである。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

プルミエ・クリュ/1er Cruのクリマ/Climat

  • Clos Berthet
  • Creux de la Net
  • En Caradeux
  • Ile des Vergelesses
  • Les Fichots
  • Sous Frétille
  • Vergelesses
  • Village de Pernand

リュー・ディ/Lieu-dit

  • Au Village
  • Clos de Bully
  • Derrière Frétille
  • Es Larret et Vignes Blanches
  • Le Devant des Cloux
  • Les Boutières
  • Les Noirets
  • Les Pins
  • Les Plantes des Champs et Combottes
  • Sous le Bois de Noël et Belles Filles
  • Sous les Cloux
  • Sur Frétille
  • Sur Herbeux
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}