すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Gevrey-Chambertin ジュヴレイ・シャンベルタン

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE NUITS

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域:Côte de Nuits
    プルミエ・クリュのClimatsが26ある。
    生産コミューン:Gevrey-Chambertin, Brochon
    Gevrey-Chambertinは9つのGrands Crusも産む(No.25参照)。
    アペラシオンGEVREY-CHAMBERTINとGEVREY-CHAMBERTIN PREMIER CRUはアペラシオン名の後ろにClimat名を記載できる。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    411.75 ha (うち 82.50 ha は Premier Cru )

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    17 105 hl (うち 3 247 hl は Premier Cru )

色 / ぶどう品種


赤ワインのみ: Pinot Noir

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

若さの輝きである生き生きとしたルビー色が、年とともにダークチェリーのような深い赤に変わる。イチゴ、ブラックベリー、スミレ、モクセイソウ、バラなどのアロマが、熟成すると甘草、なめし革、毛皮、ジビエや森の下草のブーケに変化する。口に含むと偉大なBourgogne が広がる。力強く、リッチ、コクがあり、ボディとエスプリを感じる。ストラクチャーが堅固で、タンニンはビロードのようであり、テクスチャーは非常になめらかで硬さはない。若いうちはフルーティを楽しめ、心地よいが、このワインはなんといっても熟成向きである。それも長く熟成させるのがよい。ヴィンテージを学ぶにはすばらしいワインである。

ソムリエのおすすめ


赤: 肉好きの人たち向けのワインである。ジビエに関連した香りがあるので、特に熟成させるとジビエにぴったりである。リブステーキ、仔羊、豚の角煮、さらに口のなかで風味を味わうには時間がかかる、麝香の香りがする繊維質の多い硬めの肉。食通のなかには淡水魚のサンドルのフィレ、マグロの赤ワインソース煮込みなどと合わせる人もいる。チーズはすべての牛乳のコクのあるチーズ、特に époisses、、ami du chambertin、cîteaux などと合う。
サービス温度: 15~16℃

位置

ディジョンから下ってくると、ここからブルゴーニュのシャンゼリゼがはじまる。ラヴォー渓谷の麓に、クリュニー修道会の古城があり、要塞化された酒蔵のようである。ラングルの司教座聖堂参事会は永い間畑を見守ってきた。はじまりは640年である!ブルゴーニュワインがいかに歴史に根を深く下ろしているかがわかる。Chambertin, Clos de Bèze をはじめとするすばらしいAOCグラン・クリュ は1936年9月に認定された。Brochonと Gevrey-Chambertin の村は隣同士である。この土地で Pinot Noir は真価を発揮。赤ワインのみを生産している。

テロワール/Terroir

プルミエ・クリュは標高 280~380mにあり、斜面の上部を占めている(浅い褐色の石灰岩土壌)、次に村名アペラシオンの畑が、褐色のカルシウムと褐色の石灰岩の土壌にある。ぶどうは、台地から運ばれた赤い泥土と崩落土に覆われた泥灰土でよく育つ。これらの小石はワインにエレガンスとフィネスを与え、貝の化石を含んだ泥灰土はボディ、堅固さを与える。日照は南東と東である。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

プルミエ・クリュ/1er Cruのクリマ/Climat

  • Au Closeau
  • Aux Combottes
  • Bel Air
  • Champeaux
  • Champonnet 
  • Cherbaudes
  • Clos des Varoilles
  • Clos du Chapitre
  • Clos Prieur 
  • Clos Saint-Jacques
  • Combe au Moine
  • Craipillot 
  • En Ergot 
  • Estournelles-Saint-Jacques
  • Fonteny 
  • Issarts
  • La Bossière
  • La Perrière
  • La Romanée
  • Lavaut Saint-Jacques
  • Les Cazetiers
  • Les Corbeaux
  • Les Goulots
  • Petite Chapelle
  • Petits Cazetiers
  • Poissenot

リュー・ディ/Lieu-dit

  • Au Prunier
  • Au Vellé
  • Aux Corvées
  • Aux Echezeaux
  • Aux Etelois
  • Baraques
  • Billard
  • Carougeot
  • Champ
  • Champ Franc
  • Champerrier du Bas
  • Champerrier du Dessus
  • Champs-Chenys
  • Charreux
  • Chazière
  • Chéseaux
  • Clos Prieur-Bas
  • Combe de Lavaux
  • Combes du Bas
  • Combes du Dessus
  • Craite-Paille
  • Creux Brouillard
  • Croix des Champs
  • En Champs
  • En Dérée
  • En Pallud
  • En Songe
  • En Vosne
  • Es Murots
  • Grandes Rayes
  • Grands Champs
  • Jouise
  • La Bossière
  • La Brunelle
  • La Burie
  • La Justice
  • La Marie
  • La Nouroy
  • La Platière
  • Le Carré Rougeaud
  • Le Créot
  • Le Fourneau
  • Les Cercueils
  • Les Champs Perriers
  • Les Crais
  • Les Croisettes
  • Les Epointures
  • Les Evocelles
  • Les Gueulepines
  • Les Jeunes Rois
  • Les Journaux
  • Les Marchais
  • Les Seuvrées
  • Meix des Ouches
  • Meix-Bas
  • Mévelle
  • Pince-Vin
  • Pressonnier
  • Puits de la Baraque
  • Reniard
  • Roncevie
  • Sylvie
  • Tamisot
  • Vignes Belles
  • Village
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}