すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Côteaux Bourguignons コトー・ブルギニヨン /Bourgogne Grand Ordinaire ブルゴーニュ・グラン・トルディネール/Bourgogne Ordinaire ブルゴーニュ・オルディネール Côteaux Bourguignons / Bourgogne Grand Ordinaire / Bourgogne Ordinaire

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    APPELLATIONS COMMUNES A TOUS LES VIGNOBLES

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    アぺラシオンBOURGOGNE GRAND ORDINAIREはこのアペラシオンの特定された区域内で生産される白と赤ワインに限られる。
    この区域内で生産されるロゼワインはBOURGOGNE GRAND ORDINAIRE ROSEもしくはBOURGOGNE GRAND ORDINAIRE CLAIRETの呼称をもつ。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤とロゼ : 約 212.33 ha
    白: 33.94 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤とロゼ: 6 122 hl
    白: 1 411 hl

色 / ぶどう品種


赤とロゼワイン: ヨンヌ県では、Gamay、Pinot Noir、César、 Tressot
Gamay (ブルゴーニュ 全体で11%を占める)は収量の多い品種で実は大きく、果房により果粒は詰まっていたり、ゆるやかだったりする。特にマコネでは、Gamay から軽く飲みやすく香りのよい赤ワインが産出される。Bourgogne Grand Ordinaireの品種となる。Pinot Noir とともにBourgogne Passe-Tout-Grainsを産む。
白ワイン: ヨンヌ県では、Aligoté、Chardonnay、Melon de Bourgogne 、Sacy
Aligoté (ブルゴーニュ全体で6% を占める)は ブルゴーニュでは非常に古い品種である。生命力が強く、Chardonnay より大きく、たくさんの実をつける。Aligoté を使ったワインは、栽培された村名をつけることはなく(唯一の例外は Bouzeron )、公式には Bourgogne Aligotéと呼ぶ。
Bourgogne Grand Ordinaire や、ときには Crémant de Bourgogne に使われることもある。
This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤とロゼは Pinot Noir、 Gamay、César、Tressot から造られる。白は Chardonnay、Aligoté、Melon de Bourgogne、Sacy である。terroirs と品種が多様なために、このブルゴーニュワインの特徴を正確に表すのは難しい。利点はバランスのとれた味わいで、コストパフォーマンスがよいことである。同様に好奇心旺盛で、鋭い舌を持つ愛好家にとって、あまり知られていない品種を発見する楽しみもある。

ソムリエのおすすめ


赤: 軽くフルーティでのど越しがよく、中庸のアロマの強さの料理、白身肉、豚カツなどと相乗する。鶏、蒸し野菜、トマトソースのパスタやライスなどと合う。又、タンニンが繊細なこの赤ワインは、魚料理とも相性がよい。
サービス温度: 12~14℃
ロゼ: 詰めものをした野菜の蒸し料理、回鍋肉。
白: 蒸し焼きや茹でた魚、さんまの塩焼きに相乗する、最もコストパフォーマンスのよいワイン。gouda や comté などの圧搾チーズと合う。
サービス温度: 11~13℃

位置

アペラシオン Bourgogne Grand Ordinaire と Bourgogne Ordinaire (後者は今後用いられない) は1937年に認定された。この名称は過去によく使われていたものである。« vins de grand ordinaire »といえば日曜日に飲むワインまた « vins d'ordinaire »は平日に飲むワインを指した。これらは赤、白、ロゼで、アペラシオン Bourgogne であった。 Bourgogne Grand Ordinaire の特徴は絶滅が心配される品種を使っていて、その存続を保障したことである。ロゼの代わりにクレレと呼ばれることもある。

テロワール/Terroir

ジョワニー近辺の白亜土の土台から、石灰岩、このアペラシオンによく見られる泥灰土、ブルゴーニュ南部の花崗岩まで多様な terroirsである。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}