すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Chambertin-Clos de Bèze シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE NUITS

  • インフォメーション


    アペラシオン・グラン・クリュ/Appellation Grand Cru
    生産地域:Côte de Nuits
    CHARMES-CHAMBERTIN と MAZOYÈRES-CHAMBERTIN の生産区域は同じであるが、通常アペラシオン CHARMES-CHAMBERTIN が使われる。
    生産コミューン:Gevrey-Chambertin
    ラベルには、アペラシオン名の下に同じ大きさで GRAND CRU と記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    CHAMBERTIN: 13.57 ha
    CHAMBERTIN-CLOS DE BEZE : 15.78 ha
    CHAPELLE-CHAMBERTIN : 5.48 ha
    CHARMES-CHAMBERTIN : 29.57 ha
    GRIOTTE-CHAMBERTIN : 2.63 ha
    LATRICIÈRES-CHAMBERTIN : 7.31 ha
    MAZIS-CHAMBERTIN : 8.95 ha
    RUCHOTTES-CHAMBERTIN : 3.25 ha
    MAZOYÈRES-CHAMBERTIN : 1.82ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    464 hl (61 712 本)
    497 hl (66 101 本)
    176 hl (23 408 本)
    1 090 hl (144 970 本)
    101 hl (13 433 本)
    261 hl (34 713 本)
    315 hl (41 895 本)
    109 hl (14 497 本)
    69 hl (9 177 本)

色 / ぶどう品種


赤ワインのみ: Pinot Noir

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

濃いルビーからブラックチェリー色まで鮮やかなローブをまとう。キイチゴ、カシスやスグリ、また核果、甘草やスパイスの香りを想起させ、同様にバラ、スミレ、コケ、森の下草のアロマも感じられる。味わいは力強く、豊満さとエレガンスがうまくまとまり、あふれるコクと複雑性があり、芳醇で精気に満ち肉感的である。少なくとも10年は保存できる。これらのグラン・クリュはファミリーを成しているが、それぞれニュアンスが異なる。

ソムリエのおすすめ


赤: 偉大な Pinot Noir のシンボル的存在で、力強く、たくましく、複雑で凝縮している。 これらのグラン・クリュは、高貴で複雑な料理が求められる。もちろジビエは格別の相性で、網焼きか、よりよいのはワインソース風味 。力強いタンニンが対立するテクスチャーの衝撃を和らげ、複雑なアロマやとりわけワインの豊満さが違いを際立たせる。ほかには仔羊のグレービーソース、もちろん鶏のシャンベルタン煮込み、北京ダック、リブステーキ、鴨ロースのもろみ漬けなどがこのワインに対抗できる。 チーズは個性あふれる、アロマの強いウォッシュタイップがこのワインとピッタリである。
サービス温度:若いうちは12~14℃、熟成させたものは15~ 16℃

位置

グラン・クリュ街道に沿う東向きの広範囲な斜面は、Gevrey-Chambertin から Morey-Saint-Denis までラヴォー渓谷とモレー渓谷の間に広がる。シネマスコープのワイドスクリーンが標高240~280mで東向きに広がる。Côte de Nuits のグラン・クリュでは最も北部にある。 Clos de Bèze が640年に歴史に登場し、1219年までブルゴーニュ修道院の所有地であったが、その後1789年までラングルの司教座聖堂参事会が所有者となる。Chambertin と Clos de Bèze は宮廷ご用達となった。その名は13世紀から知られていて、区画の境界も以来変わっていない。ナポレオンは他のワインは飲まなかったという。7つの隣接した Climats は( Charmes と Mazoyères は同一の地域 )明らかに類似しているので Climats 名に続いて Chambertin をつける。 Clos de Bèze だけは、Chambertin が先になる。1937年7月31日にグラン・クリュに認定された。

テロワール/Terroir

この長い斜面は堅固な岩の上にある。上部では泥土や砂利まじりの崩落土からなる褐色の土が数十㎝あり、斜面は石灰岩を含む粘土質である。地質年代は、上部はジュラ紀中期のバトニアン、その下にバジョシアンの泥灰岩とウミユリ石灰岩。土中には化石が多く見つかり、1億5千年前には海であったことを思わせる

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

アペラシオン・グラン・クリュ/Grands crus

  • Clos-de-Bèze
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}