すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Epineuil ブルゴーニュ・エピヌイユ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLES DE CHABLIS ET DU GRAND AUXERROIS

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    生産地区: Vignoble du Tonnerrois
    生産地域: Chablis & Grand Auxerrois    
    ÉPINEUILをBOURGOGNEとともに記載できるのは、このアペラシオンの特定された区域内で生産される赤、白、ロゼワインに限られる。
    生産コミューン:Épineuil
    ラベルにはÉPINEUIL は BOURGOGNEのすぐ後ろに記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤: 65.89 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤: 3 604 hl
    白: 53 hl

色 / ぶどう品種


赤とロゼワイン: Pinot Noir と Pinot Gris
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴


Pinot Noir の赤: 天使の羽のように軽いワイン. その香りは赤い果実(キイチゴ、チェリー、スグリ)、黒い果実(ブラックベリー、ブルーベリー、カシス)で、胡椒のアクセントもある。心地よいタンニンとビロードのようなテクスチャーがこのワインの特徴である。スモーキーな香りもしばしばある。
Pinot Noir または Pinot Gris から造るロゼは、しなやかで溌剌としている。Épineuil は常にロゼが有名だった。ヴァイタリティあふれるが、ゆきすぎることはない。Chardonnay から造る白は稀だが、生き生きして辛口でバランスがよい。火打石の香りがよくある。口に含むと豊かで、シダ、白桃、マンゴの香りがある。

ソムリエのおすすめ


赤: なめらかさと 肉づきのよいテクスチャーとのバランスがよく、高級シャルキュトゥリ、牛や仔牛の蒸し煮、または家禽類のローストなどが理想的な組み合わせ。またアロマが非常に豊かなので、gouda などの圧搾したチーズともよく合う。タンニンが繊細なので、青梗菜のあんかけなどのベジタリアン料理とも相性がよい。
サービス温度: 13~14℃
白: 生き生きとしてミネラル香があり、カキ、帆立貝などのシーフード、また仔牛の煮込み、チーズのスフレ、ローストチキンなどと合う。チーズは若いchèvre、reblochon、 gruyères。
サービス温度: 13~14℃
ロゼ: ミックスサラダ、ケバブ、アジア料理
サービス温度: 11~12℃

位置

ヨンヌ県の南部、Chablis に非常に近いトネロワのワインのなかでも Épineuil (パリのグレヴァン美術館の創立者である、画家のアルフレッド・グレヴァンの生誕地)は、すでに1930年からその権利は与えられていたが、1993年にアペラシオン Bourgogne のなかで、赤、白、ロゼが原産地呼称を認定された。サン・ミッシェル修道院とカンシー修道院はここで中世初期から有名だったワインを造り、長い間パリに卸していた。著名な人物である、アンリ4世、詩人ボワロー、エオン騎士らが「トネールの良質なワイン」を喧伝してきた。フィロキセラの被害で全滅したが、1970年代後半に、terroirs と品種の厳密な選択を経て、復活した。

テロワール/Terroir

シャブリ地区に似た土壌で、白い石が多い土壌(キメリジャンもしくはオックスフォーディアン)は質が高い。起伏に富む畑はラングル台地の冷たい風から守られ、ミクロクリマを享受できる。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}