すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Côte Chalonnaise ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE CHALONNAISE

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    CÔTE CHALONNAISEをBOURGOGNEとともに記載できるのは、 Buxy, Chagny, Givry, Mont-Saint-Vincentの小郡に点在する44のコミューンで生産される赤、白、ロゼワインに限られる。
    ラベルには、 CÔTE CHALONNAISEはBOURGOGNE のすぐ後ろに記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤とロゼ: 330.86 ha
    白: 132.56 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤とロゼ: 17 795 hl
    白: 6 977 hl

色 / ぶどう品種


赤とロゼワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤ワイン( Pinot Noir )はすっきりとしたまじりけのない紫紅色または輝きのあるルビー色で、ときにはダークなガーネット色のこともある。小さな赤い果実(イチゴ、スグリ)や黒い果実(カシス、ブルーベリー)の香りが際立ち、ときにチェリーの核果の香りもある。動物や茸の香りも多々ある。口に含むと若いうちはテクスチャーが硬くわずかにいかめしく感じるが、潜在力があり、そのまろやかさがとげとげしさを鎮めてくれる。酸とタンニンのバランスがよい。ロゼとクレレ( Pinot Noir )も少量生産。
白ワイン( Chardonnay )は透明で、グレーを帯びた黄金色の輝きがある。白い花(サンザシ、スイカズラ)、レモン、ときにういきょうの香りを伴うドライフルーツの香りがし、焼きたてのクロワッサンや蜂蜜を思わせる。生き生きとしたストレートなアタックがあり、繊細さも備えている。

ソムリエのおすすめ


赤: 若いうちは、率直でデリケートなタンニンにより閉じた感じがあるが、その硬さが名古屋コーチンの鉄板焼きのようなグリルした肉や、照り焼きのようなソースをつけた肉と合う。ワインが肉の甘味を包み込む。coulommiers や époisses などの個性あふれるチーズにも好適。
サービス温度: 15~18℃
白: すっきりしており、生き生きとし、レモンの風味があり、魚のタルト、アサリの酒蒸しなどのシーフード、または野菜のマリネやグリルに欠かせない。アペリティフとして飲むなら、黒オリーブとよく合う。マイルドなソフトタイプのチーズや chèvre チーズとも相性がよい。
サービス温度: 12~13℃

位置

Bourgogne の地域名アペラシオンを terroirs で区別することは、その地質学的特徴を示し、愛好家がワインを選ぶ拠りどころとなる。Côte Chalonnaise は1990年に認定され、ソーヌ・エ・ロワール県の北に、長さ40数km、幅5~8kmに広がる畑があり、44のコミューンがある。6世紀のトゥールの司教グレゴリウスの時代から評価されてきた。シャロン・シュル・ソーヌは大規模な市が立つ街であり、ローヌ河支流の港町として栄え、Bourgogne Côte Chalonnaise のワインの流通をを支えてきた。

テロワール/Terroir

ドゥーヌ渓谷とグローヌ渓谷の間に、コート・シャロネーズは南に向かって広がっている。コート・ドール地区に比べると、非常に穏やかな景観である。これらのなだらかな丘は、ブレス地方の地溝帯が崩壊して断層ができたときに、中央山塊から生まれた。北部では起伏のある土地は東向きで、石灰岩質である。ここではリアス統と三畳紀の地層である(Saint-Denis, Jambles, Morogesの各村)。Bisseyの花崗岩塊の南には東または西向きの斜面が、マコネの山まで続いている。バジョシアン石灰岩の懸崖がせり出すが、泥灰質である。山麓は砂土、石灰質の火打石の破片シャイユや火打石を含む粘土で、砂岩も顔を出す。標高は250~350m。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}