ぶどう樹の生育サイクル
  •   
友人に送る印刷する

四季の旅:ぶどう樹の生育サイクル

ぶどう(植物学ではヴィティス属 / ブドウ属)は蔓植物です。人類によって栽培されるぶどうには非常に多くの種があり、なかでもヴィティス・ヴィニフェラ(欧州系)は、ヨーロッパとりわけブルゴーニュ/Bourgogneで栽培されている多くのぶどう品種を生んでいます。ぶどう樹は、手入れをしなければ無秩序に成長し続けてしまいます。ゆえに、自由に茂らせるのではなく、冬期剪定と夏期剪定をおこなうことで、果実を実らせる力をしっかりと蓄えさせます。

ぶどう樹は本来暑いあるいは温暖な地方で育ちます。

Annual cycle of thje vines in Bourgogne © BIVB / JOLY M.

 

 

 

ぶどうは多年草の植物です。すなわち、年間の生長サイクルをもちます。ぶどうは冬の終わりに目を覚まします。土壌が徐々に暖かくなり、日照時間が長くなると、樹液が上昇し、剪定された枝の先で玉のような雫を形づくります。これがいわゆる、ぶどうが「泣いている」、つまりぶどうの「涙」と呼ばれるものです。こうして、新しい収穫年が始まります。この生長サイクルは収穫後、晩秋に終わりを迎えます。ぶどう樹は落葉し、次の収穫年を誕生させる力を蓄えるために、再び眠りにつきます。

ぶどう樹の年間生長サイクルは主に10段階あります(バギオリーニ氏による)。その様子を画像で確認してみましょう。

 

その様子を画像で確認してみましょう

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}