コート・ド・ボーヌ /Côte de Beauneとオート・コート・ド・ボーヌ/Hautes Côtes de Beaune
  •   
友人に送る印刷する

コート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneとオート・ド・コート・ド・ボーヌ/Hautes Côtes de Beaune:伝説のワインで名高いワイン生産地区

ボーヌ周辺の起伏豊かな景観のなかで、ぶどう栽培醸造家が世界に知られたアペラシオンを生産しています。 ヴォルネイ/Volnayやムルソー・プルミエ・クリュ/ Meursault Premier Cru、あるいは 世界で最も有名なグラン・クリュ/Grands Crusのひとつであるモンラッシェ/Montrachet といった赤ワインと白ワインにぜひ出会いに来てください。

知っていますか?

かつて、すべてのコート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneのワインは、「ボーヌのワイン」と呼ばれていました。

中世前期、代々のブルゴーニュ公は、コート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneで生産されたワインの活気ある酒質を高く評価し、修道士と同じく、このワインの名声を広めることに大きく貢献しました。当時、それらのワインは、「ボーヌのワイン」という特に区別のない総称、あるいはピノ・ノワール/Pinot Noirのぶどう品種が使われたことに由来した「ピノ・ヴェルメイユ」という名で呼ばれていました。同様に、コート・ド・ニュイ/Côte de Nuitsで造られたワインもすべて「ニュイのワイン」と呼ばれていました。
1936年になって初めて、これらのワインが原産地統制名称によって分類されたのです。

朝日に向かっている理想的な丘陵

© BIVB / ARM.COM Landscape in the wine growing region in the Côte de Beaune.

コート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneのワイン生産地区は、ラドワ・セリニーとマランジュの丘の間に南北20kmに延びています。朝日に向かっているこのぶどう畑は、幅がわずか数百mしかありません。しかし、ここで世界に名高い赤ワインと白ワインが生産されているのです。この評判は、ボーヌの街にも及んでいます。この歴史の中心地が、ブルゴーニュ/Bourgogneのワイン生産の鍵を教えてくれるでしょう。

コート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneの後背地を少し西に進むと、勾配がなだらかにカーブを描く標高400mの台地でぶどう樹が花を咲かせています。ここが、オート・ド・コート・ド・ボーヌ/Hautes Côtes de Beauneです。およそ20のコミューンが、最も陽あたりのよい斜面で、率直で溌剌としたブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ/Bourgogne Hautes Côtes de Beaune のアペラシオンを産出しています。

 

赤ワインと白ワインは、類稀なテロワール /terroirを占有しています。

© BIVB / ARM.COM Landscape in the wine growing region in the Côte de Beaune.

ボーヌ周辺では、ぶどう畑には主にピノ・ノワール/Pinot Noir  (ヴォルネイ/Volnay、ポマール/Pommard、ラドワ/Ladoix)が栽培されています。とはいえ、コルトンの丘で栽培されるシャルドネ/Chardonnayも見事なワインをもたらしています(コルトン/Corton、コルトン・シャルルマーニュ/Corton-Charlemagne)。ムルソーより南側は、シャルドネ/Chardonnayの栽培が大部分を占め、伝説的なアペラシオン(バタール・モンラッシェ/ Bâtard-Montrachet)から小さな「宝もの」と呼ばれるアペラシオン (サン・トーバン/ Saint-Aubin、サントネイ/ Santenay)といった、非常に多様な香りを放つワインを生み出しています。
ブルゴーニュ/Bourgogneを代表するこれらふたつのぶどう品種により、かの有名なアペラシオンが産出されているのです。

アペラシオン・グラン・クリュ/Appellations Grands Crus

コルトン/Cortonコルトン・シャルルマーニュ/Corton-Charlemagneモンラッシェ/Montrachetバタール・モンラッシェ/Bâtard-Montrachetシュヴァリエ・モンラッシェ/Chevalier-Montrachetクリオ・バタール・モンラッシェ/Criots-Bâtard-Montrachetビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ/Bienvenues-Bâtard-Montrachet

村名アペラシオン/Appellations Villages(うち、いくつかはプルミエ・クリュ/Premier Cruに分類されています):

アロス・コルトン/Aloxe-Cortonオーセイ・デュレス/Auxey-Duressesボーヌ/ Beauneブラニィ/Blagnyシャサーニュ・モンラッシェ/Chassagne-Montrachetショレ・レ・ボーヌ/Chorey-lès-Beauneコート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ/Côte de Beaune Villagesラドワ/Ladoixマランジュ/Marangesムルソー/Meursaultモンテリー/Monthélieペルナン・ヴェルジュレス/Pernand-Vergelessesポマール/Pommardピュリニィ・モンラッシェ/Puligny-Montrachetサン・トーバン/Saint-Aubinサン・ロマン/Saint-Romainサントネイ/Santenayサヴィニィ・レ・ボーヌ/Savigny-lès-Beauneヴォルネイ/Volnay

また、味わい豊かな地域名アペラシオン /appellations Régionaleも造られています:

ブルゴーニュ/Bourgogneブルゴーニュ・アリゴテ/Bourgogne Aligotéブルゴーニュ・パス・トゥー・グラン/Bourgogne Passe-tout-grainsコトー・ブルギニヨン/Coteaux Bourguignonsクレマン・ド・ブルゴーニュ/Crémant de Bourgogne.

 

もっと詳しく

© BIVB / IBANEZ A. / JOLY M./ ARMELLEPHOTOGRAPHE.COM

 

もっと詳しく

モンラッシェ/Montrachetというグラン・クリュ/Grands Crusの名前を呼び起こす伝説

ブルゴーニュ/Bourgogneのメッカであるモンラッシェ/Montrachetから、5つの白ワインのグラン・クリュ/Grands Crusが生まれています。(モンラッシェ/Montrachetバタール・モンラッシェ/Bâtard-Montrachetシュヴァリエ・モンラッシェ/Chevalier-Montrachetビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ/Bienvenues-Bâtard-Montrachetクリオ・バタール・モンラッシェ/ Criots-Bâtard-Montrachet

これらの名前を記憶するのに、これからご紹介する小さな物語はきっとお役に立つでしょう。

十字軍遠征に旅立った領主のモンラッシェは、処女である娘をお気に入りの騎士(シュバリエ)に託しました。
モンラッシェの不在中に、起こるべくして事が起こり、未婚のふたりに子どもが生まれました。帰還後にこの私生児(バタール)と会ったモンラッシェですが、子どもはモンラッシェを見たとたん泣き出しました。そこでモンラッシェが叫びました。「私生児が泣いた(クリオ・バタール)!」
しかし、モンラッシェは心根の優しい領主でしたので、この子を家族として迎え入れ、こう言いました。「モンラッシェの私生児よ、ようこそ(ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ)!

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}