醸造と熟成
  •   
友人に送る印刷する

ワインの醸造と熟成、重要な工程

ぶどうが収穫されると、ワインを造り出すために、さまざまな工程からなる醸造が始まります。永い間その醸造法はほとんど変わっていないとはいえ、ワイン生産者は、造りたいワイン、一家の伝統、区画の個性、収穫の特徴などにあった醸造法を採ります。
ぶどうの搾汁(ぶどうの果汁)が終わるとただちにアルコール醗酵をおこない、ワインとなります。次に醗酵槽または樽のなかで熟成が始まります。この工程により、それぞれに特有の性質と豊かな香りが抽出され、多様なワインの個性が現われます。

ブルゴーニュ/Bourgogneワインの醸造と熟成

Focus on Vinification of red wine

© BIVB / ARMELLEPHOTOGRAPHE.COM / IBANEZ A./ MONAMY G./ BERNUY J.L

 

Focus on Vinification of white wine

© BIVB / MONNIER H. / MONAMY G. / GESVRES J./ JOLY M.

 

Focus on making Crémant de Bourgogne wines

© CLEMENCET D. / MONAMY G.

 
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}