地質
  •   
友人に送る印刷する

比類なき、取り替えのきかない土壌と下層土

ブルゴーニュ/Bourgogneの地質年代とワインの歴史は密接に繋がっています。ぶどう園の土壌と下層土について知ることは、ブルゴーニュ/Bourgogneワインの味わいの原点を知ることにほかなりません。

© BIVB / MONNIER H Terroir of the Maconnais: Pouilly-Fuissé

 

ブルゴーニュ/Bourgogneの土壌は、主にジュラ紀の海洋起源の泥灰土と石灰岩で構成され、これはピノ・ノワール/Pinot Noirとシャルドネ/Chardonnayの栽培にたいへん適しています。ブルゴーニュ/Bourgogne各地の土壌と下層土には、個々の特徴が明確にあり、ワインの官能表現方法に多様性をもたらします。なかでも優れたミネラルと繊細さは、ブルゴーニュ/Bourgogneワインの名声を確固たるものにしました。

 

コート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneの典型的な下層土の一例を表しています。

コート・ド・ボーヌ/Côte de Beauneの典型的な下層土の一例を表しています。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}