すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Romanée (La)ラ・ロマネ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE NUITS

  • インフォメーション


    アペラシオン・グラン・クリュ/Appellations Grand Cru
    生産地域:Côte de Nuits
    生産コミューン:Vosne-Romanée
    ラベルには、それぞれのアペラシオン名の下に同じ大きさの文字でGRAND CRUと記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    ROMANÉE-CONTI : 1.76 ha
    LA ROMANÉE : 0.84 ha
    ROMANÉE-SAINT-VIVANT : 8.45 ha
    RICHEBOURG : 7.89 ha
    LA TÂCHE : 5.08 ha
    LA GRANDE RUE : 1.65 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    40 hl (5 320 本)
    30 hl (3 990 本)
    278 hl (36 974 本)
    250 hl (33 250 本)
    149 hl (19 817 本)
    48 hl (6 384 本)

色 / ぶどう品種


赤ワインのみ: Pinot Noir
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

これらの赤のグラン・クリュは長熟タイプで、通常少なくとも10年は寝かせる。20年から30年に及ぶこともある。それぞれがヴィンテージや熟成による変化にもとづいたはっきりした個性をもつ。これらの華やかな赤ワインはブルゴーニュの Pinot Noir の繊細さ、複雑さを余すところなく表現している。濃いルビー色は年とともに、真紅に変化する。口に含むと力強くはっきりとしたボディ、デリケートで官能的、ストレートで複雑である。

ソムリエのおすすめ


赤: 力強いストラクチャーと類稀な長熟タイプであることのほかに、この偉大なワインはトリュフ、森の下草、なめし革、毛皮などの力強い第三のアロマを広げる。当然のことながら味の強い肉、ジビエ(蒸し煮、ソースまたはシンプルに網焼き)がよきパートナーとなる。また仔牛のローストやうずらのたたき湯葉巻きも、すばらしい Pinot Noir のしっかりしたエレガントなタンニンにくるまれる。
サービス温度: 15~16℃

位置

Échezeaux (Flagey-Échezeaux) と Nuits-Saint-Georges に挟まれた Vosne-Romanée はCôte de Nuits 地区の真ん中を占めている。畑は標高 250~310mにあり、東と南東向きである。ブルゴーニュの首飾りの「真ん中の真珠」にあたる、Vosne-Romanée はエースを4つ集めるだけでは満足せず、世界的な名声のグラン・クリュを6つも抱えている。ヴェルジのサン・ヴィヴァンの修道士(クリュニー派)とシトー派の修道士が、1000年も前に、この類稀な terroirs を発展させた。コンティ公は自らの名を畑の一つに与え(1760年)、以来畑とずっとともにある。 Romanée-Conti は世界最良の畑の一つである(常にモノポール)。その隣の Romanée-Saint-Vivant は、高台にあり、現在修復中のサン・ヴィヴァン修道院の名がついている。ヴォーヌ・ロマネにある醸造所からここまで専用の小道がある。La Romanée, La Tâche, La Grande Rue いずれもモノポールである。最後に Richebourg はこの名前だけで(金持ちの街の意)グラスを一杯にできる。

テロワール/Terroir

Romanée-Conti は粘土質が多い褐色の石灰岩の表土(60cm)の上にある。隣の Romanée Saint-Vivant も同じ土壌だがが、より深い(90cm)。斜面の上部は傾斜がきつく(12%)粘土質は少なくなる。 La Tâche と La Grande Rue は上部では褐色の石灰岩の浅い表土で、下部ではより深くなる(レンジヌ)。リシュブールの斜面も同様である。土台はPremeauxの硬い石灰岩。地質は1億7500年前のジュラ紀である。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

アペラシオン・グラン・クリュ/Grands crus

  • La Romanée
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}