すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Petit Chablisプティ・シャブリ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLES DE CHABLIS ET DU GRAND AUXERROIS

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域:Chablis
    生産コミューン:Chablisのコミューン全体で生産される。

  • 栽培面積


    1 ヘクタール(ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    843.32 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    45 536 hl

色 / ぶどう品種


白ワインのみ: Chardonnay (地元では Beaunois と呼ぶ)
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

色調は輝きのある澄んだ黄金色。ライ麦の麦藁色。緑を帯びていることもある。白い花の香り(サンザシ、アカシア)が柑橘類の香り(レモン、グレープフルーツ)とまざり、基調はミネラル(珪石、火打石)である。ときには白桃のような白い果実の香りを伴う。口に含むと生き生きとして軽く、酸のバランスがよい。最初の軽快なアタックに、心地よいまろやかさが続く。ヨードの香りがするのはこの土地の特徴である。オイリーさと爽やかさが完璧に一体となり、余韻を残す。若いうちに飲めるが、2年待つのが理想である。

ソムリエのおすすめ


白: 生まれは海から遠く離れているが、特徴であるヨードの香りは、カキ、魚のタルタル、生、網焼き、ソースを添えたエビと合う。また川魚のフライ、イワシの網焼き、アジのたたきなどの魚もよい。卵料理の目玉焼きやオムレツも、このワインが重さを調節してくれる。チーズは chèvre が Petit Chablis の爽快な特徴と調和する。ハードタイプ、セミハードタイプの gouda や gruyères を忘れてはならない。フレッシュで夏のサラダにも合うし、グジェールをおつまみにアペリティフもよい。
サービス温度: アペリティフは8℃、食中なら9~10℃

位置

スラン河流域の両側にある AOC Petit Chablis は1944年に認定された。王冠状に並ぶシャブリの畑の一つをなす。Chardonnay のみが植えられている。Petit Chablisは、実はプティ(小さい)ではない。

テロワール/Terroir

畑は斜面の上部、台地のはじまりの褐色の硬い石灰質の上にある。泥土や砂土もあり、標高は230~280m、日照はさまざまである。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}