すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Meursault ムルソー

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域:Côte de Beaune
    プルミエ・クリュのClimats が21ある。
    生産コミューン:Meursault
    アペラシオンMEURSAULTと MEURSAULT PREMIER CRUはアペラシオン名の後ろにClimat名を記載できる。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    白: 386.88 ha (うち 102.40 ha は Premier Cru )
    赤: 12.99 ha (うち 2.94 ha は Premier Cru )

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    白: 19 243 hl (うち 4 904 hlは Premier Cru )
    赤: 516 hl (うち76 hl は Premier Cru )

色 / ぶどう品種


白ワイン主体: Chardonnay
赤ワイン: Pinot Noir

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

プルミエ・クリュやさまざまなClimats(terroir と結びついた lieux-dits )によってニュアンスが異なる。 Meursault の白は緑を帯びた黄金色から明るい黄色、年によっては磨いたブロンズゴールドを呈する。清澄で輝きがあり、シルバーを帯びていることが多い。ブーケは熟したぶどうの房を思わせる。若いうちは焼いたアーモンドやヘーゼルナッツの香りに植物や花の香り(サンザシ、ニワトコ、シダ、菩提樹、クマツズラ)やミネラル(火打石)。バター、蜂蜜、柑橘類の香りもある。口に含むとリッチでオイリー、ヘーゼルナッツの楽しい味わいがある。なめらかさとフレッシュがバランスを保ち、シルキー。ストラクチャーがあり、余韻が長く、熟成が必要。長熟タイプの白ワインである。

ソムリエのおすすめ

アロマのパワーとオイリー感と酸の例外的なバランスは、ブルゴーニュワインのなかでも傑出している。当然のことながら、高級なしまった身の魚、仔牛や鳥のホワイトソースとよく合う。または牛フィレの鉄板焼きなどと相性がよい。よりよい組み合わせは、網焼きしたオマール、伊勢海老、地中海産大エビのソース添え、アナゴ鮨などである。青カビチーズやフォワグラともピッタリである。
サービス温度: 12~14℃

位置

Comblanchien石灰岩はNuits-Saint-Georges でいったん消えるが、この場所で再び現われ、さらに南へ下ると赤ワインではなく、白ワインの産地になる。Côte de Beaune では Chardonnay が真価を発揮する。この街には小さな栽培家の家々の周りにブルジョワの広大な畑がある。尖塔をもつ高さ53mの鐘楼は、妖精がつくったのではないかと思うほどである。ここのすばらしい土壌は1098年からシトー派の修道士が手をかけてきた。1937年に AOC に認定。Meursault では少量の赤ワインも生産している。

テロワール/Terroir

最良の土壌は標高260mあたりで、日照は東から南。バトニアン(ジュラ紀)が斜面の土壌である。マグネシウムを含んだ石灰質もところどころにある。泥灰質・石灰岩の畑がぶどうには最適である。カロヴィアンの古い石灰岩とアルゴヴィアン泥灰土がcrus を育てる。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

プルミエ・クリュ/1er Cruのクリマ/Climat

  • Blagny
  • Charmes
  • Clos des Perrières
  • Genevrières
  • La Jeunellotte
  • La Pièce sous le Bois
  • Le Porusot
  • Les Bouchères
  • Les Caillerets
  • Les Cras
  • Les Gouttes d'Or
  • Les Plures
  • Les Ravelles
  • Les Santenots Blancs
  • Les Santenots du Milieu
  • Perrières
  • Porusot
  • Sous Blagny
  • Sous le Dos d'Ane

リュー・ディ/Lieu-dit

  • Au Moulin Judas
  • Au Moulin Landin
  • Au Murger de Monthélie
  • Au Village
  • Clos de la Barre
  • Clos des Mouches
  • En Gargouillot
  • En l'Ormeau
  • En la Barre
  • En Marcausse
  • La Barre Dessus
  • Le Bois de Blagny
  • Le Buisson Certaut
  • Le Cromin
  • Le Limozin
  • Le Meix sous le Château
  • Le Meix Tavaux
  • Le Pré de Manche
  • Le Tesson
  • Les Casse-Têtes
  • Les Chaumes
  • Les Chaumes de Narvaux
  • Les Chevalières
  • Les Clous Dessous
  • Les Clous Dessus
  • Les Corbins
  • Les Criots
  • Les Dressoles
  • Les Durots
  • Les Forges
  • Les Gorges de Narvaux
  • Les Grands Charrons
  • Les Gruyaches
  • Les Luchets
  • Les Magny
  • Les Malpoiriers
  • Les Meix Chavaux
  • Les Millerands
  • Les Narvaux Dessoux
  • Les Narvaux Dessus
  • Les Pellans
  • Les Pelles-Dessous
  • Les Pelles-Dessus
  • Les Perchots
  • Les Petits Charrons
  • Les Peutes Vignes
  • Les Rougeots
  • Les Santenots Dessous
  • Les Terres Blanches
  • Les Tillets
  • Les Vignes Blanches
  • Les Vireuils Dessous
  • Les Vireuils Dessus
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}