すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Mâcon マコン

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DU MÂCONNAIS

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    生産地域:Mâconnais
    MÂCONにVILLAGES またはコミューン名を付加できるのは、アペラシオンMÂCON-VILLAGESの特定生産区域内の26のコミューンで造られたワインに限られる。
    生産コミューン :
    Mâcon:マコン郡部のコミューンと近隣の11コミューン
    Mâcon-Villages:Azé, Bray, Burgy, Bussières, Chaintré, Chardonnay, Charnay-lès-Mâcon, Cruzille, Davayé, Fuissé, Igé, Loché, Lugny, Mancey, Milly-Lamartine, Montbellet, Péronne, Pierreclos, Prissé, La Roche-Vineuse, Saint-Gengoux-le-National, Solutré-Pouilly, Uchizy, Vergisson, Verzé, Vinzelles

  • 栽培面積

    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    Mâcon : 白= 75.54ha
    Mâcon-Villages:白 = 1 876.31 ha
    Mâcon + コミューン名 = 1 386.12 ha
    Mâcon: 赤 = 309.32ha
    Mâcon + コミューン名: 赤= 185.78 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    Mâcon:白 = 5777 hl
    Mâcon-Villages=117 902 hl
    Mâcon + コミューン名 = 86 718 hl
    Mâcon : 赤 = 17 740 hl
    Mâcon +コミューン名: 赤 = 10 068hl

色 / ぶどう品種


白ワイン: Chardonnay
赤とロゼワイン: Gamay と Pinot Noir

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

Mâconnais の白ワインは極めて淡い金色、または麦藁色をまとい、シルバーないし緑を帯びている。光沢があり、心地よい。香りはエニシダ、、白バラ、アカシア、スイカズラ、シダ、クマツズラ、レモングラス、柑橘類(グレープフルーツ、マンダリン)。マツ、カリン、アニスなども後から現われる。味は村や terroir の違いによって異なる。フレッシュで飲みやすく、辛口でフルーティなワインである。凝縮した味わいで、熟成に必要な酸もある。まろやかで心地よさが身上である。
Mâconnais の赤ワインは、チェリーの赤色から濃いルビー色、濃いガーネット色まである。紫を帯びているのは Gamay の特徴である。香りは赤や黒のベリー(スグリ、ブルーベリー)で、森の下草、茸、核果、動物の香りを伴う。ときとともに、プルーン、胡椒の香りが現われる。非常に生き生きとして快活。肉づきがよく率直である。陽気で楽しいワインで、若いうちは少々硬く、こくがあるが、徐々にまろやかになる。ストラクチャー、テクスチャーともにしっかりしている。

ソムリエのおすすめ


白ワイン: 生き生きとしてアペリティフにうってつけ。クラッカー、チップス、ピーナッツ、オリーヴ、スナックなどに合う。しかしその快活さ、まろやかさ、アロマの複雑さからもっといろいろな組み合わせが可能である。チキン、肉入りクリームリゾット、魚とよく相乗する。さらに冷製アンティパスト、網焼きした魚、押し鮨、特にサバがおすすめである。チーズは若いまたは熟成した chèvre が好適。
サービス温度: アペリティフは10~11℃、食事には11~12℃
赤ワイン: 高級シャルキュトゥリ (ハム、テリーヌ、パテ) の口のなかに広がるテクスチャーはワインの快活さと合う。同様に豚カツ、しゃぶしゃぶのポン酢、牛の蒸し煮など繊維質の多い肉も、ワインとよく合う。ハンバーガーやタパスとも相性がよい。
サービス温度: 14~15℃
ロゼ : シャルキュトゥリ、クスクス、タジン鍋、タブレ、野菜のグラタン、オムレツ、オニオンタルト、ハンバーガー、ピザ、中華点心
サービス温度: 11~12℃

位置


白ワイン: ブルゴーニュ南部には水彩画のようなたくさんの谷と丘がある。Côte Chalonnaise とソリュトレの岩石の間にマコネの山脈が40kmに渡って連なり、その間をソーヌ河とグローヌ川が流れる。すでにガロ・ロマン時代からぶどう畑があったが、強い勢力を誇ったクリュニーとトルニュスの修道院のおかげで大発展を遂げた。この地出身のラマルティーヌは、自然の美しさを詩で謳っている。マコンの街は、感じよく、微笑をたたえた畑の伝統を守っている。1937年にAOCの認定をうけて、マコネの白ワインはマコン郡のコミューン名またはその近隣の11のコミューン名をつけられる。すなわち Mâcon-Villages とするか、または Mâcon の後ろにコミューン名をつける。
赤ワイン: マコネはブルゴーニュ南部の魂である。この地に生まれたラマルティーヌがそう謳った。Côte Chalonnaise とソリュトレの岩石の間にマコネの山脈が40kmに渡って連なり、ソーヌ河とグローヌ川の間に谷や丘があり、畑が広がる。すでにガロ・ロマン時代からぶどう畑があったが、強い勢力を誇ったクリュニーとトルニュスの修道院のおかげで大発展を遂げた。マコンの街の周辺に、ワインをこよなく愛す、善良な笑顔の生産者の村が集まる。回廊や鐘を持つ家並み、ロマネスクの建物は水彩画のようである。1937年に赤ワインのAOC Mâcon に認定され、 マコンとも呼べるし(ロゼも同様、Gamay Noir à jus blanc と Pinot Noir、マコン郡部と周辺の11のコミューン)、またマコンの後ろにコミューン名をつけてもよい(ロゼも同様)。

テロワール/Terroir


白ワイン: マコネの山が造る斜面は、北北東または南南西向きの平行して走る断層で分けられている。これはぶどうには好都合である。長熟タイプの白ワインは褐色の石灰岩またはカルシウムの土壌で産出される。 珪土、粘土質、砂の土地は石灰質の火打石の破片シャイユまたは砂岩の石とまざっていることが多く、早生の Chardonnay に向く。   
赤ワイン: 平行した断層で分断された、マコネ山は北北東、南南西向きの山稜を形成している。この丘陵地でぶどうはよく育つ。褐色の石灰質ないしカルシウムの土壌、レンジヌは Pinot Noir や長熟タイプの Chardonnay の栽培に向いている。シャイユや砂岩の石がまざった、珪土、粘土、砂はより早生の Chardonnay 向きである。赤ワイン用の Gamay は、隣のボージョレ―の花崗岩土壌に向く。

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}