すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Crémant de Bourgogne クレマン・ド・ブルゴーニュ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    APPELLATIONS COMMUNES A TOUS LES VIGNOBLES

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    アペラシオンCRÉMANT DE BOURGOGNEは、トラディショナル方式でスティルワインから造られる発泡性ワインに限られる。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    およそ 1 847.97 haに匹敵。
    Crémant de Bourgogne のベースとなるワイン用の収穫により年ごとに生産範囲は異なる。国内外で人気が高いので、生産は伸びている。

  • 年間平均生産量


    150 kg de raisins = hectolitre (hl) = 100 litres =
    133 本
    約1 608万本
    およそ 120 919 hl

色 / ぶどう品種


白とロゼ品種:
主要品種: Pinot Noir、Chardonnay (30%以上)        
補助品種: Gamay (20%以下)、Aligoté、 Melon、Sacy
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

若さにあふれた大胆なワイン。フレッシュで生き生きとしている。ときとともに偉大なワインの要素を備える! Crémant de Bourgogne は溌剌としてすっきりしたワイン。ドゥミ・セックでもセックでもこの溌剌さが、まろやかに変化し、新たな風味、 甘さ を造りだす。
白ワインで、色は極めて淡い金色である。泡は細かく繊細な、真珠のネックレスを形成する。柑橘類、花、またはミネラルの香りが溌剌さとエレガンスのある味わいに加わり、酸もあるので、香りの強さと求められる軽快さとのバランスがとれる。
ブラン・ド・ブランは白い花、柑橘類、青りんごの香りを放つ。ときとともにアプリコット、ピーチ、焼いたパンの香りに変化する。ブラン・ド・ノワールはチェリー、カシス、キイチゴの香り。口に含むと力強く、余韻が長い。熟成させると魅力あふれる、ドライフルーツ、蜂蜜、スパイス、ナツメグの香りが加わる。ロゼは Pinot Noir のみ、または Gamay とまぜて造るが、ピンクゴールドの色合いで、繊細な赤い果実の香りが特徴的なデリケートなワインとなる。

ソムリエのおすすめ

Crémants de Bourgogne はアペリティフに最高であるが、食中のワインとしてもパーフェクト。クレマンの白は前菜の、鶏のコンフィ 洋梨とドライフルーツ添え、なかでもブラン・ド・ブランは帆立貝や川魚、たこ酢とよく合う。ブラン・ド・ノワールはオックステールの煮込みやジャガイモと合わせたエスカルゴにピッタリである。また農家産家禽、たとえばブレス産肥育鳥などもマッチする。 クレマンのロゼは花の香りが豊かで、デザートに向く。アイスクリームとよく合い、食後に爽快感をもたらす。プティフールにもよく合うし、赤いフルーツのソルベと花の香りは完璧に合う。
サービス温度: アペリティフとデザートでは4~8℃、食中は6~9℃

位置

ブルゴーニュの発泡性ワインについて 1830年に、アルフレッド・ド・ミュッセが「ラファエルの秘めた思い」の中で書き記している。ChablisでもNuits-Saint-GeorgesでもRullyでもTonnerreでも、19世紀初めに生まれてから今日まで造られ続けている。長い間このワインにはブルゴーニュ・グラン・クリュになるワインを使ってきた。1975年にアペラシオン Crémant de Bourgogne が認定され、厳密な生産条件、伝統的で厳格なノウハウ、質の高い醸造法が評価された。白とロゼのみで、ブラン・ド・ブランとブラン・ド・ノワールがあり、ブリュットがほとんどで、ドゥミ・セックは少ない。 生産地域はアペラシオン BOURGOGNE 全域である。

テロワール/Terroir

Crémant de Bourgogne に使われるぶどうは、ブルゴーニュのさまざまな terroirs のものである。ジョワニー近辺の白亜質の基盤からブルゴーニュ南部の花崗岩、さらにコート・ドールの石灰岩、このアペラシオンで最もよく見られる泥灰土など、非常にバラエティに富む。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}