すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Côte de Beaune-Villages コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域:Côte de Beaune
    生産コミューン:                      
    Auxey-Duresses, Chassagne-Montrachet, Chorey-lès-Beaune, Ladoix-Serrigny, Meursault, Monthélie, Pernand-Vergelesses, Puligny-Montrachet, Saint-Aubin, Saint-Romain, Santenay, Savigny-lès-Beaune
    Cheilly-lès-Maranges, Dezize-lès-Maranges, Sampigny-lès-Maranges, Remigny

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤: 4.66 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤: 193 hl

色 / ぶどう品種


赤ワインのみ: Pinot Noir

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤ワインのみを産出するが、terroirs は Ladoix-Serrigny と Maranges 間で多様である。北部では色は控えめで中庸のルビー色、淡い紫紅色である。赤と黒のベリー(イチゴ、スグリ、カシス、ブラックベリー)と花(特にスミレ)の香りを放つ。しなやかで飲みやすく、愛らしく陽気である。南部では色はより濃くなり、濃いルビーから紫を帯びた色。香りは同様だが、腐植土、茸が加わる。しっかりした酸があり、タンニンがまろやかで、抑制された力強さで、非常にコクがある味わいである。

ソムリエのおすすめ


赤: しなやかで心地よく、家庭料理に合う。というのもさまざまな果実の香りがあり、タンニンはソフトでシルキーだからである。豚のロースト、牛の蒸し煮またはシンプルに牛のステーキもよく相乗する。またはエスニック料理のケバブ、スパイシーミートボ―ル、アメリカのバーガーやチリコンカンなどもよい。チーズは、maroilles、munster、langres、saint-florentin、époisses、saint-marcellin、tomme de savoie、reblochon、brie de meauxなどを選ぶとよい。
サービス温度: 14~16℃

位置

1億3500年前にできたジュラ紀後期の Côte de Beaune は Côte de Nuits よりも若干新しい地層。傾斜はよりゆるやかで、斜面はより多様である。
地下深くでなくなったComblanchienの石灰岩は、再びMeursaultで現われる。AOC Côte de Beaune-Villages は1937年に認定され、Pinot Noir を使った赤ワインで、Côte de Beaune の14の村に広がっている。これらのコミューンの赤ワインは以下の名称で販売できる。
- 14の村のうちの一つの村のアペラシオン
- 村のアペラシオン名の後ろに CÔTE DE BEAUNE をつける
- CÔTE DE BEAUNE-VILLAGES だけを記載
例: アペラシオン CHOREY-LES-BEAUNE の生産区域の赤ワインは、CHOREY-LES-BEAUNE または CHOREY CÔTE DE BEAUNE または CÔTE DE BEAUNE-VILLAGES のいずれかを名乗ることができる。
アペラシオン ALOXE-CORTON, BEAUNE, POMMARD, VOLNAY にはこの決まりは適用されない。複数のコミューンの赤ワインを集めて、このアペラシオン名をつけることもできる。

テロワール/Terroir

このアペラシオンを生産する terroirs は14の村で同じである。 斜面の上から下へ向かって、褐色の石灰岩の上に浅い土、その下に赤い小石、鉄分を含む魚卵状石灰岩、黄色の石灰岩になる。南部では泥灰質と石灰岩が入り組んでいる。そこに粘土質、砂まじりもある。南と南東向きの斜面。

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}