すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Corton-Charlemagne コルトン・シャルルマーニュ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    アペラシオン・グラン・クリュ/Appellation Grand Cru
    生産地域:Côte de Beaune
    アペラシオンCORTON-CHARLEMAGNEの生産範囲は、 アペラシオンCHARLEMAGNEを含む。このアペラシオンCHARLEMAGNEは現在はもう使われていない。
    生産コミューン :
    CORTON-CHARLEMAGNE:Aloxe-Corton, Ladoix-Serrigny, Pernand-Vergelesses
    CHARLEMAGNE: Aloxe-Corton, Pernand-Vergelesses
    Pinot Noirを植えているかChardonnayを植えているかの生産者の選択により、アペラシオンCORTON (赤ワイン)、またはアペラシオンCORTON-CHARLEMAGNE (白ワイン)と呼ぶ。
    ラベルには、アペラシオン名の下に同じ大きさでGRAND CRUと記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    52.08 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    2 268 hl (301 644 本)

色 / ぶどう品種


白ワインのみ: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

若いうちは淡い黄金色で緑を帯びている。熟成を経ると、琥珀色、黄色になる。この上なくデリケートで、ブーケはバター、リンゴのオーブン焼き、柑橘類、パイナップル、菩提樹、シダ、ねずのみ、シナモン、火打石などを思わせる。蜂蜜もよく感じられる。古酒(25年から30年まで)は、なめし革やトリュフの香り。グラスも口のなかも力強さで満たされる。圧倒されるほどChardonnay が凝縮し、気品があり、バランスがとれている。品種の魅力が、これほどまでに terroir と密接であるのも珍しい。

ソムリエのおすすめ

Corton-Charlemagne は傑出した酸をもち、口に含むと官能的なまろやかさが完璧なバランスをとる。合わせるのは繊細で高貴な料理で、力強くアロマがあるもの。フォワグラは、その渋味がワインのミネラルとパワーでうまく緩和される。よりクラシックな組み合わせは甲殻類でオマール、伊勢海老、カニなどだが、たとえば伊勢海老葛たたき 柚子がある。家禽類と仔牛のホワイトソースや青カビチーズも相性がよい。
サービス温度: 12~14℃

位置

Côte de Nuits 地区と Côte de Beaune 地区の境界にあり、標高280~330mにある Corton-Charlemagne の畑は、ほとんどが南西向きである( Côte de Beaune では珍しい)。標高がありぶどう畑のある3方の斜面はなだらかで、Aloxe-Corton 村 ( Climat は Le Charlemagne), Pernand-Vergelesses 村 ( Climat はEn Charlemagne ) 、 Ladoix-Serrigny 村 ( Climat はPougets, Corton, Languettes )がコルトン山に集まっている。 この畑は775年にシャルルマーニュ皇帝より、ソーリューの聖アンドローシュ聖堂参事会に寄与された。その後1000年もの間その管理下にあった!今日でもたっぷりとあごひげを蓄えた皇帝をたたえ、Corton-Charlemagne の Climats である Le Charlemagne や En Charlemagne と近隣の Climats がAOCグラン・クリュを産出する(1937年7月31日に認定)。 Corton と異なり、Climats 名はラベルに記載しない。

テロワール/Terroir

急勾配の斜面 (20~23%) でコルトン山の最も高い位置に地質の分断があり、 Ladoix-Serrigny と Meursault の間はより若い1億4500年前のジュラ紀地層。泥灰土で色はさまざま(黄色、オーク、褐色)で、粘土を豊富に含む。浅いレンジヌの下に白い石灰岩と泥灰土が交互の層になっている。 Corton (ほとんど赤ワイン) は中腹の斜面で、かなり異なる表土で造られている。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

アペラシオン・グラン・クリュ/Grands crus

  • Basses Mourottes
  • En Charlemagne
  • Hautes Mourottes
  • Le Charlemagne
  • Le Corton
  • Les Languettes
  • Les Pougets
  • Les Renardes
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}