すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Clos Saint-Denis クロ・サン・ドニ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE NUITS

  • インフォメーション


    アペラシオン・グラン・クリュ/Appellation Grand Cru
    生産地域:Côte de Nuits
    生産コミューン:Morey-Saint-Denis
    ラベルには、アペラシオン名の下に同じ大きさでGRAND CRU と記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    CLOS SAINT-DENIS : 6.24 ha
    CLOS DE LA ROCHE : 16.62 ha
    CLOS DES LAMBRAYS : 8.52 ha
    CLOS DE TART : 7.30 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    205 hl (27 265 本)
    554 hl (73 682 本)
    251 hl (33 383 本)
    193 hl (25 669 本)

色 / ぶどう品種


赤ワインのみ: Pinot Noir

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

当然のことながらグラン・クリュはそれぞれ個性が異なる。外観は純粋なルビーまたはくすんだルビー。Clos de Tart はスミレやイチゴの香りを放ち、堅固さと魅力を併せもつ。若いうちはかなりタニックだが、年とともに角がとれ複雑性を帯びる。Clos des Lambrays は、若いうちはチェリーの香りがするまろやかなワイン。熟成を経ると重々しく奥深い。Clos Saint-Denis は豊満さよりも、そのニュアンスが印象深く、Côte de Nuits のモーツアルトといえる。 Clos de la Roche はより個性的で、重々しく深みのある Chambertin により近い。赤や黒の果実よりも、腐植土やトリュフの香りが強い。Bonnes-Mares の一部もこのコミューンで生産されているが、 Chambolle-Musigny で生産されるものがほとんどである。

ソムリエのおすすめ

熟成させるとタンニンが凝縮し、アロマも豊かになるので、ジビエにふさわしい。また牛のリブロース、中国料理では北京ダックやアワビの姿煮オイスターソースもおすすめである。タンニンはソフトだが力強いので、仔牛の蒸し煮やソース煮、仔羊のローストまたは蒸し煮にも合う。個性のあるウォッシュタイプのチーズと相性がよい。
サービス温度: 若いうちは12~13℃、熟成させたものは15~16℃

位置

Côte de Nuits 地区では、 Morey-Saint-Denis は多くのグラン・クリュを生産している村の一つである。モノポール(単独所有者)の Clos de Tart はタールのシトー派修道士によって1141 年に造られた。以来所有者は3回変わったに過ぎない。Clos Saint-Denis は11世紀に誕生。ヴェルジの司教座聖堂参事会が造った。Clos de la Roche と Clos des Lambrays はほぼモノポールで、歴史的財団といくつもの Climats を集めて生まれた。AOCグラン・クリュの認定は1936年12月8日。1939年1月4日 ( Clos de Tart )、1981年4月27日 ( Clos des Lambrays )。標高約250m、東向きまたは東南東向きの斜面に、 Gevrey-Chambertin のグラン・クリュのファミリーを南に引き継いでいる。北から Clos de la Roche、 Clos Saint-Denis, Clos des Lambrays, Clos de Tart, その南に Bonnes-Mares がある。

テロワール/Terroir

Le Clos de la Roche は石灰岩主体で、土壌の厚さは30cmしかなく、わずかに砂利やその名の起源となった大きな石塊が露頭している。Le Clos de Tart は、崩落土が40~120cmの厚さの石灰岩の基盤を広く覆っている。 Le Clos des Lambrays は上部は泥灰土、下部は粘土石灰質土壌である。 Le Clos Saint-Denis の斜面下部は砂礫を含まない褐色の石灰質、なかに Chambertin のようなリン、Musigny のような粘土を含む。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

アペラシオン・グラン・クリュ/Grands crus

  • Calouère
  • Clos Saint-Denis
  • Les Chaffots
  • Maison Brûlée
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}