すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Clos de Vougeot クロ・ド・ヴジョ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE NUITS

  • インフォメーション


    アペラシオン・グラン・クリュ/Appellation Grand Cru
    生産地域:Côte de Nuits
    生産コミューン:Vougeot
    ラベルには、アペラシオン名の下に同じ大きさでGRAND CRUと記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 m2 = 24 ouvrées
    49,43 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    1 647 hl (219 051 本)

色 / ぶどう品種


赤ワインのみ: Pinot Noir
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

ヒュー・ジョンソンをしてこの赤ワインを「やあ、お出ましだ !」 と言わしめた。今日この畑は細分化され、多くの所有者がいるため、 Clos de Vougeot のプロフィールは一言で語れない。それでも共通項はある。キイチゴの赤から濃いガーネットまで色調が際立つ。夜明けに蕾を開いたバラ、朝露に濡れたスミレ、濡れたモクセイソウのブーケの心地よい香りは春を思わせる。さらにブラックベリー、キイチゴ、野生のミント、甘草、トリュフの香りなど。口に含むと至高の味わい。生気にあふれまろやか、優雅なフィネスと肉づきのよい豊満さを併せもつ。非常に余韻が長く、長熟タイプである(10年~30年、それ以上も)。

ソムリエのおすすめ


赤: 高貴で芳醇な Clos de Vougeot には合わせる料理もリッチ、豊満、複雑でなければならない。よってジビエ、霜降り肉が必然的に候補に挙がる。牛のリブステーキ、仔羊の蒸し煮、仔牛のロースト 茸添え、ジビエ(ソース添えまたはシンプルにロースト)、刷羊肉などである。肉は硬すぎてもいけない。ワインのタンニンが肉を包みこむが、ワインが支配的にならないためである。チーズは époisses、langres、 soumaintrain、saint-florentin、cîteaux などが合う。
サービスの温度: 若いうちは 12~13℃、熟成させたものは15~16℃

位置

Côte de Nuits 地区の中心にある Clos de Vougeot は、ここだけでヴジョ村の大部分を占め、その周りを Chambolle-Musigny , Flagey-Échezeaux , Vosne-Romanée が囲んでいる。クロの上部には Musigny と Grands-Échezeaux の畑が斜面にある。 シトー修道院が 1110年頃に創設し、1789年の大革命まで所有していた。Clos de Vougeot はブルゴーニュのイメージそのものである。50.59ヘクタールの畑を5世紀前からある石垣が取り囲む。赤のグラン・クリュのなかでも旗手である。AOCグラン・クリュは1937年7月31日に認定。傍らに12~14世紀の巨大な圧搾機のある醸造所と酒庫をもつシャトー・ド・クロ・ド・ヴジョは、ブルゴーニュ・ルネサンス様式の館で、見学を受け付け、ブルゴーニュ利き酒騎士団の任命式はここでおこなわれる。フランスで最も美食を食べられる機会を提供する。

テロワール/Terroir

広大で多様な Clos de Vougeot は小さなステッチのタペストリーといわれる。標高255mの上部は緩やかな斜面。40cmとやや深い土壌、バジョシアン石灰質の岩盤の上に小石がたくさんまざった団粒構造。中腹は250mで、浅い褐色の土壌(45cm)が石灰質や粘土の砂礫の上にのっている。下部(240m)は褐色土壌がより深くなり(90cm)、粘土と細かい土の多い泥灰質の上にある。 全域がジュラ紀土壌である(1億7500年前)。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

アペラシオン・グラン・クリュ/Grands crus

  • Clos de Vougeot
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}