すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Hautes Côtes de Nuits ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE NUITS

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    生産地域:Hautes Côtes de Nuits                       
    生産コミューン: 公式には1961年に認定されたアペラシオンで、
    Hautes Côtesの16のコミューンと、Côte de Nuitsの4つのコミューンに広がっている。
    Hautes Côtes de Beauneとの境界線はMagny-Iès-Villersである。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤とロゼ: 579.86 ha
    白: 約122.02 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤とロゼ: 23 069 hl
    白: 6 092 hl

色 / ぶどう品種


赤とロゼワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay、稀に Pinot Blanc または Pinot Gris
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤は、ブルゴーニュワインについて初めて書かれた、クロード・アルヌー神父の書物(1723年)に「輝きがあり、コクがあり、軽快で、まさに真髄」と記載がある。紫紅色またはくすんだルビー色を呈し、しばしばキイチゴ、チェリーや甘草、ときにすみれのアロマを放つ。率直で堅固、熟成とともにタンニンは柔らかくなり、腰の強さが現われる。ボディがあるが、強すぎることはない。
ロゼは Pinot Noir で造る Bourgogne rosé (または Bourgogne Clairet ) Hautes Côtes de Nuits は生産量が非常に少ない。
白( Chardonnay、稀に Pinot Blanc または Pinot Gris )は極めて淡い金色から淡い金色、樽熟成されたものは黄色を帯びる。サンザシ、スイカズラの香りに、リンゴ、レモン、白イラクサ、ヘーゼルナッツの香りを伴う。口に含むとオイリーで、構成がしっかりして、バランスがとれ、溌剌としているのがすぐにわかる。 この溌剌さが、ワインを熟成させるのに一役買っている。

ソムリエのおすすめ


赤: タンニンが突出することもなく、肉づきもそれほどなくマイルドが特徴なので、鴨や仔羊と合う。少々スパイシーな料理も問題ない。バランスがよく多様な料理と合わせやすい。焼き鳥にもぴったりである。チーズは熟成させたsoumaintrain、nuits d'or、農家産 reblochon、morbier などがよく合う。
サービス温度: 14~16℃
白: 溌剌としてバランスがよいので、タラコ、中華の蒸し魚の香味油風味などとよく合う。ほかにブルゴーニュ料理のハムのゼリー寄せパセリ風味、エスカルゴがおすすめ。チーズはroquefort、aisy cendré、熟成 comté、chaource と合う。
サービス温度: 10~13℃

位置

「希望のぶどう」と名づけられ、消えゆく寸前だった畑が、辛抱強く熱心な運動により蘇った。Gevrey-Chambertinの丘からCortonの森まで張り出しているHautes Côtes de Nuitsは自然の美しさにあふれている。森の近くにある小さな村々を発見しに出掛けよう。ぶどう畑は日照のよい斜面を占め、ヴェルジやサン・ヴィヴァン修道院から受け継いだワイン造りの秘密を忠実に守ってきた。景色と同じように、気骨があり、自分たちの terroir に深く執着している生産者とともに、ワインを注意深く試飲する人にはその秘密が明らかとなるだろう。曲がりくねって、起伏のある街道は自転車愛好家の垂涎の的になっている。トレッキングルートは谷や丘を結び、村の中心にある民宿や宿泊所を通る。そこには必ずセラーにつながる門が開かれている。

テロワール/Terroir

この畑は標高300~400mにある。Côtes de Nuits の西、ジュラ紀の石灰岩台地にくい込む谷の斜面に畑がある。下層土は Côtes de Nuits と同じだが、表面は非常に薄いか、ほとんどない。粘土石灰質の土壌は、下層土の石灰質層と泥灰土層が交互になったものである。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}