すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Hautes Côtes de Beaune ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    生産地域: Hautes Côtes de Beaune
    生産コミューン: 公式には1961年に認定されたアペラシオンで、Hautes Côtes の16のコミューンと、Côte de Beaune の13のコミューンに広がっている。Hautes Côtes de Nuitsとの境界線はMagny-Iès-Villers である。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤とロゼ: 672.66 ha
    白: 約130.88 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤とロゼ: 30 455 hl
    白: 6 592 hl

色 / ぶどう品種


赤とロゼワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay、稀に Pinot Blanc または Pinot Gris

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤( Pinot Noir )の色調は赤紫を帯びた紫紅色で、芍薬やある種のバラを思わせる。フルーティな香りは酸化桜桃やキイチゴを想像させ、カシス、甘草が加わり、さらにスパイスを伴った森の下草の香りになる。 Hautes Côtes de Beaune は率直で純粋な、魅惑的なワインである。若いうちは硬さがあるが、数年経るとバランスと調和がとれてくる。Bourgogne rosé (または Bourgogne Clairet ともいう)も少量生産される。
白( Chardonnay、ごく稀に Pinot Blanc または Pinot Gris )は淡く黄金を帯びた麦藁色。白い花の香りと蜂蜜がまざり、パン・デピスを思わせる。味わいはエレガント、感じよく、過度に甘くなることなく Chardonnay の溌剌さをよく保っている。

ソムリエのおすすめ


赤: クラシックなブルゴーニュ、あまりスパイシーでなく、重くない料理となら最高の組み合わせ。仔牛のマイルドカレー風味、またはより伝統的な料理であるプティ・サレ(豚肉の塩漬け)などと合う。飲みやすく心地よいワインなので、豚のフィレ・ミニョン、仔牛、仔羊の腿肉に野菜やグラタンを添えたシンプルな料理とも合う。なめらかなタンニンはブルゴーニュ風ミートパイとすばらしくマッチする。チーズはマイルドなもの、若い époisses、brillat-savarin、 cîteaux、若いsoumaintrain がよい。
サービス温度: 14~16℃
白: 若いときの溌剌さは、エスカルゴとよく合う。シンプルな料理である、ニジマス、中華の野菜炒めなどもよい。チーズは bleu de bresse、chèvre、 gruyères タイプがおすすめ。
サービス温度: 10~13℃

位置

「 いかなる眺めも、いかなる街も、いかに変化に富み、景色がすばらしく、壮大であったとしても、私が愛するブルゴーニュの小さな谷を忘れさせるものはなかった」と、Hautes Côtes de Beauneにある谷について、アレクサンドル・デュマは記している。オート・コートは、MarangesからLadoix-Serrignyまで西側からCôte de Beauneの上に張り出している。その内側には谷や丘が連なっている。石灰岩質の崖下にある畑は陽あたりのよい斜面である。斜面に張り付くようにある村々には、小さな道と白い石壁の家並みが続き、道を曲がると、丘陵の向こうに新たな景色が広がり、その輝く魅力であなたを幸せいっぱいにしてくれる。すばらしい自然のもとでハイキングを楽しめて、典型的なセラーでワインも振舞ってもらえる。この魅力的な土地の生活や家々を発見するための宿泊施設も充実している。

テロワール/Terroir

Côtes de Beaune に対して垂直に交わる谷の、西向きで最良の日照の斜面、標高280~450mに畑がある。基盤は、特に南部では泥灰岩である。斜面はかなり傾斜がきついところもあり、ジュラ紀中期バジョシアン階に遡る懸崖の石灰岩の崩落で覆われている。

Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}