すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Coulanges-la-Vineuse ブルゴーニュ・クーランジュ・ラ・ヴィヌーズ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLES DE CHABLIS ET DU GRAND AUXERROIS

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    生産地区: Tonnerrois
    生産地域: Chablis & Grand Auxerrois
    Coulanges-la-VineuseをBOURGOGNEとともに記載できるのは、このアペラシオンの特定された区域内で生産される赤、白、ロゼワインに限られる。
    生産コミューン:Coulanges-la-Vineuse, Migé, Mouffy, Jussy, Escolives-Sainte-Camille, Val-de-Mercy
    ラベルにはCoulanges-la-Vineuseは BOURGOGNEのすぐ後ろに記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    白: 16.16 ha
    赤: 87.17 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    白: 849 hl
    赤: 4 324 hl

色 / ぶどう品種


赤とロゼワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

Bourgogne Coulanges-la-Vineuse の赤は Pinot Noir から生まれる。しなやかでフルーティ、3~4年間は非常に心地よく、果実味を楽しむならこの間に飲む。ヴィンテージによってはより長く熟成させても魅力がある。紫紅色を帯びたルビーを呈し、チェリーの香りが支配的(この地にはサクランボ果樹園が多い)だが、カシスやイチゴの香りもある。非常にバランスがとれ、口に含むとまろやかでタンニンは強すぎず、余韻も充分にある。白( Chardonnay )は coulange の畑全域で造られる。澄んだ黄金色で、白い花の香りやミネラル香がある。フレッシュななかに活力を感じさせる。春先の雪解け水のように、口中を甘く満たしてくれる。ロゼはフルーティで香り高く、Pinot Noir を用いている。

ソムリエのおすすめ


赤: 繊細で控えめなタンニンがあり、フルーティなワインで、軽くシンプルであまり香りの強くない料理に合わせる。白身肉や魚の網焼きまたは蒸し焼きなどである。またオムレツ、目玉焼き、野菜炒め、パスタ、ドリア、野菜やオニオンタルトなども忘れてはならない。チーズは comté などのハードタイプがよい。
サービス温度: 14~16℃
白: ハムのゼリー寄せパセリ風味、七面鳥の胸肉、ほとんどの魚や貝(たとえば生ガキ)、チーズはchèvre、comté、beaufort、 gruyèresがおすすめ。                 
サービス温度: 11~12℃
ロゼ : シャルキュトゥリ、白身肉、グリル料理
サービス温度: 8~10℃

位置

うってつけの地名( Coulanges-la-Vineuse の vineuse はワインを多く産するの意)!水はなくてもワインは豊富。170軒の生産者と22台の圧搾機を焼き尽くした1676年の大火の折にはワイン樽をすべて叩き割って、消火に使ったほどである。またワイン税のおかげで教会も建てられた。ヨンヌ県Auxerroisのなだらかな丘の頂上に畑があり、東向きの斜面は、ヨンヌ川の左岸に臨む。 Coulanges-la-Vineuse と Charentenay, Escolives-Sainte-Camille, Jussy, Migé, Mouffy, Val-de-Mercy の村々は幸運にも、1993年に赤、白、ロゼにアペラシオン Bourgogne Coulanges-la-Vineuse を名乗れる権利を得た。ここから非常に近い、エスコリヴ・サント・カミーユのガロ・ロマン時代の遺跡に20世紀前のぶどう畑の痕跡を見なかっただろうか?

テロワール/Terroir

この畑はパリ盆地の南東の端になる。ジュラ紀後期の石灰岩(キメリジャンとポートランディアン)、ところにより白亜紀の白亜質の上にある。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}