すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Côte Saint-Jacques ブルゴーニュ・コート・サン・ジャック

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLES DE CHABLIS ET DU GRAND AUXERROIS

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    生産地区:Jovinien
    生産地域: Chablis & Grand Auxerrois
    CÔTE SAINT-JACQUES をBOURGOGNEとともに記載できるのは、このアペラシオンの特定された区域内で生産される赤ワイン、ヴァン・グリ、ロゼ及び白ワインに限られる。                                                
    生産コミューン:Joigny
    ラベルには、CÔTE SAINT-JACQUESはBOURGOGNEのすぐ後ろに記載しなければならない。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤とロゼ: 12.58 ha
    白: 0.18 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤とロゼ: 622 hl
    白: 14 hl

色 / ぶどう品種


赤ワインとヴァン・グリ: Pinot Noir と Pinot Gris
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

Pinot Noir、Pinot Gris、Tressot、Epicier (ところによっては Meslier、Maille とも呼ばれる)、Cot ( Malbec ボルドーでは王の品種といわれた)などのぶどうが植えられていた。ヴァン・グリのおかげでその名が知られるようになった。というのも今日 Bourgogne Côte Saint-Jacques の赤 ( Pinot Noir )や白( Chardonnay )、ロゼ( Pinot Noir )のほかに著名なヴァン・グリ( Pinot Gris、コート・ドールでは Beurot と呼ぶ)を造っている。醗酵前に圧搾し、色はヤマウズラの目の色と形容される淡いロゼ。酸はやさしく、花の香り(サンザシ)が心地よく、軽快。赤はタニックでなく、スグリ、チェリーの果実味を楽しんで飲む。白は味わい深く、フレッシュさを味わうために若いうちに飲む。

ソムリエのおすすめ


赤: 赤身肉のローストは、この飲みやすく、繊細な香りとタンニンのワインにぴったりである。家禽のローストまたはクリーム煮や丸豆腐もデリケートな香りによく合う。camembert などのソフトタイプのチーズもこのワインの赤い果実の香りとマッチする。                        
サービス温度: 11~13℃
白: アボカド、アンディ―ヴのグラタン、インゲン、冷製ポークロースト、シラスの天ぷらと相性がよい。comté、beaufort、 gruyère、chèvreなどのチーズも好適。
サービス温度: 11~13℃

位置

ブルゴーニュで最も北寄りにある畑で、パリからくると最初のブルゴーニュの畑である。ジョワニーの la Côte Saint-Jacques といえば、歴史のあるワイン同様、フランスでも屈指の美食レストランの名にもなっている。19世紀には2000ヘクタールの畑があったが、徐々に面積が縮小し、「センチメンタルなワイン」とまでいわれるほど、幸せな記憶として残るだけになってしまった。しかし一握りの生産者が、傑出した Climat である Côte Saint-Jacques の復活に立ち上がった。南および南東向きの斜面は谷とジョワニーの街の上に張り出し、オトゥの森の台地が北風から守っている。山麓を流れるヨンヌ川 がミクロクリマを生み、春の遅霜を防いでくれることが多い。

テロワール/Terroir

オーセールとサンスの中間にある Côte Saint-Jacques はジョワニーの街とヨンヌ川を臨む。畑は白亜質の山脚(下層土は白亜紀後期テュロニアン土壌)にあり、火打石を含む粘土で覆われていて、オトゥの森に隣接する。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}