すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Bourgogne Aligoté ブルゴーニュ・アリゴテ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    APPELLATIONS COMMUNES A TOUS LES VIGNOBLES

  • インフォメーション


    地域名アペラシオン/Appellation Régionale
    アペラシオンBOURGOGNE ALIGOTÉ は、Bourgogne 全域で栽培されたアリゴテ種を使った白ワインに限られる。

  • 栽培面積

    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    約1 655.57 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133本
    約105 458 hl

色 / ぶどう品種


白ワインのみ: Aligoté
Aligoté はブルゴーニュの品種の中で6%植えられている。非常に古くからある品種である。白ワイン用の丈夫な品種で、Chardonnay より果房も果粒も大きく、果粒の数も多い。
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

Bourgogne Aligoté は春のそよ風のようにフレッシュな白ワインである。温厚、素直で、フルーティ。色は淡い黄金色である。ブーケは花の香り(アカシア、サンザシ)または果実(リンゴ)。口に含むと柔らかく流れるようなワインが味蕾にやさしく、ヘーゼルナッツの香りが余韻に残る。

ソムリエのおすすめ

アペリティフとしてうってつけ。クレーム・ド・カシスと合わせるとキールになる。魚の網焼きとはパーフェクトな組み合わせ。ワインが持つ快活さと柑橘類の香りが、カキのヨードやくせのあるchèvreともマッチする。もっとシンプルな組み合わせとしてサラダがある。Bourgogne Aligoté はサラダと相性がよい数少ないワインの一つ。タブレ、蒸し野菜、貝の握りとも合う。また郷土料理である、ブルゴーニュのグジェール、エスカルゴ、ハムのゼりー寄せパセリ風味とは定番の組み合わせ。
サービス温度: 11~12℃

位置

Aligoté はブルゴーニュでは17世紀から知られるようになった品種。この土地でその真価を発揮する。ソーヌ・エ・ロワール県、コート・ドール県、ヨンヌ県に渡って栽培され、それぞれの土地で土壌の違いを反映している。1937年からアペラシオン BOURGOGNE として認定された。Côte Chalonnaise の Bouzeron のみが、 村名アペラシオンBOUZERON として認められている。

テロワール/Terroir

栽培地が多様なために、地質はいろいろだが、 Aligoté の畑は主に石灰岩の基盤の上に、泥灰土や粘土がまざっている丘陵の斜面に植えられることが多い。標高が高くても構わない。
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}