すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Beaune ボーヌ

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域 :Côte de Beaune
    プルミエ・クリュのClimats が42ある。
    生産コミューン:Beaune
    アペラシオンBEAUNE と BEAUNE PREMIER CRUはアペラシオン名の後ろに Climat 名を記載できる。

  • 栽培面積


    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤: 365.29 ha(うち 282.90 haは Premier Cru )
    白: 50.94 ha (うち 34.42 ha は Premier Cru )

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤: 13 710 hl (うち10 600 hl は Premier Cru )
    白: 2 453hl (うち 1 819 hl は Premier Cru )

色 / ぶどう品種


赤ワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay

This text will be replaced
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

畑の場所によってニュアンスが異なる。村の北部では凝縮した力強いワイン、南ではしなやかでまろやかである。赤ワインは弾けるように生き生きとした、輝きのある真紅。香りは黒い果実(カシス、ブラックベリー)、赤い果実(チェリー、スグリ)、腐植土、森の下草など。熟成を経てトリュフ、なめし革、スパイシーな香りに変化する。若いうちは、口のなかでぶどうの実を噛んでいるような味わいがある。堅固、ストレートで芳醇である。その後花開き、骨組のしっかりしたストラクチャーで理想的に存在感をアピールする。白ワインは緑を帯びた黄金色。アーモンド、ドライフルーツ、シダ、白い花のブーケがある。蜂蜜とシナモンの香りは定番。若いうちに果実味を楽しむか、熟成させて、オイリー感、まろやかさを楽しむ。

ソムリエのおすすめ


赤: 生き生きとしてコクがある。力強いアロマとしっかりしたテクスチャーが特徴なので、必然的に 麝香の香りのする肉やマグロの中トロと合う。チーズではépoisses、 soumaintrain、munster、maroilles などがおすすめ。
サービス温度: 15~16℃
白: 溌剌としてフローラルな特徴は、家禽や仔牛のクリームソース、魚のタジン鍋、鮨、魚の網焼き、タラのつみれと相乗する。熟成され、より豊満さを増すと、cîteau、comté、chèvreなどのチーズに向いている。
サービス温度: 12~14℃

位置

ブルゴーニュのシンボル、ワインの都であるボーヌは、オスピス・ド・ボーヌのワインオークションで世界的に有名である。フランボワヤン様式建築のオテル・デュー、ネゴシアンやドメーヌがもつ巨大で静かなカーヴ。畑にはたくさんの訪問者がやってくる。ボーヌは、コート・ドールで最も広い畑の一つである。ブルゴーニュ公の お気に入り«鮮紅色の Pinot »は、中世初期から有名で、炎とブーケにあふれる若々しいワインである。 白ワインは少ないが、Chardonnay に適した土壌でもある。1936年にAOC認定。

テロワール/Terroir

Volnayの向斜では、Comblanchien石灰岩は地層深いところでなくなる。浅い褐色の表土と崩落土に由来する黒いレンジヌからなる、かなり傾斜のきつい斜面から頂上までジュラ紀前期のローラシアン石灰岩がとって代わる。傾斜を下ると、ジュラ紀後期のオックスフォーディアンの鉄分を含むため、ところどころ赤味を帯びた、白、灰色または黄色の厚い表土上にアルゴヴィアン泥灰土がある。斜面の下部は粘土と混ざった石灰質。日照は東または真南で、 標高220~300m。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

プルミエ・クリュ/1er Cruのクリマ/Climat

  • A l'Ecu
  • Aux Coucherias
  • Aux Cras
  • Belissand 
  • Blanches Fleurs
  • Champs Pimont
  • Clos de l'Ecu 
  • Clos de la Feguine
  • Clos de la Mousse
  • Clos des Avaux
  • Clos des Ursules
  • Clos du roi 
  • En Genêt
  • En l'Orme 
  • La Mignotte
  • Le Bas des Teurons
  • Le Clos des Mouches
  • Les Aigrots
  • Les Avaux
  • Les Boucherottes
  • Les Bressandes
  • Les Cents Vignes
  • Les Chouacheux
  • Les Epenotes
  • Les Fèves
  • Les Grèves
  • Les Marconnets
  • Les Montrevenots
  • Les Perrières
  • Les Reversés
  • Les Sceaux
  • Les Seurey
  • Les Sizies
  • Les Teurons
  • Les Toussaints
  • Les Tuvilains
  • Les Vignes Franches
  • Montée Rouge
  • Pertuisots
  • Sur les Grèves
  • Sur les Grèves-Clos Sainte-Anne
  •  Clos Saint-Landry 

リュー・ディ/Lieu-dit

  • Au Renard
  • Chaume Gauffriot
  • Dessus des Marconnets
  • Fb de Bouze
  • La Blanchisserie
  • La Creusotte
  • Le Foulot
  • Les Beaux Fougets
  • Les Bons Feuvres
  • Les Chardonnereux
  • Les Chilènes
  • Les Epenottes
  • Les Levées et les Piroles
  • Les Longes
  • Les Maladières
  • Les Mariages
  • Les Paules
  • Les Pointes de Tuvilains
  • Les Prévoles
  • Les rôles
  • Les Vérottes
  • Longbois
  • Lulunne
  • Montagne Saint Désiré
  • Montée Rouge
  • Siserpe
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}