すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Auxey-Duresses オーセイ・デュレス

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域 :Côte de Beaune
    プルミエ・クリュのClimatsが9つある。
    生産コミューン:Auxey-Duresses
    アペラシオンAUXEY-DURESSES とAUXEY-DURESSES PREMIER CRUはアペラシオン名の後ろにClimat 名を記載できる。

  • 栽培面積

    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤: 92.78 ha (うち26.51 haは Premier Cru )
    白: 40.09 ha (うち2.03 haは Premier Cru )

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133 本
    赤: 3 813 hl (うち 1 125hl は Premier Cru )
    白: 1 910 hl (うち 124 hl は Premier Cru )

色 / ぶどう品種


赤ワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴


赤: 淡くも濃くもない鮮明なルビー色。このバランス感はブーケにもあてはまり、黒い果実(カシス、ブラックベリー、ブルーベリー)と花の香り(芍薬)が豊か。アタックは繊細でソフト、控えめだが、豊満で非常に心地よい。若いときには多少収斂性を感じることもある。しかしタンニンはすぐになめらかになり、テクスチャーはビロードのようで、動物やなめした革、スパイスの香りがある。
白: 明るく、透明な麦藁色が特徴。フレッシュ・アーモンド、レネット種のリンゴの香り。素焼きやミネラルの香り(火打石)もある。口に含むとふわっと膨らみ、食欲を刺激される。若いときは溌剌としていて、熟成を経て質感が豊かになり、オイリー感が増す。余韻が長い。

ソムリエのおすすめ


赤: シルキーでタンニンがそれほど強くないので、デリケートな味わいの肉、白身肉に合う。アタックは控えめで、赤や黒い小さな果実の香りがあり、幅広い料理に合わせられる。シャルキュトゥリ、豚や仔牛のロースト、ケバブ、ハーブを使ったパスタ、チキンリゾット、牛フィレの鉄板焼きなどと相乗する。また焼いた魚も悪くない。
サービス温度: 15~16℃
白: 生き生きとして心地よい。果実風味の余韻が長い。エビや魚をスパイシーソースで料理したもの、ラタトゥイユ、カキフライなどの火を通した貝などと相性がよい。gruyères などのハードタイプのチーズ、青カビチーズ、chèvre チーズと合う。
サービス温度: 12~14℃

位置

Auxey-Duresses は、 Côte de Beaune からオート・コートへ続く谷の境界に位置し、ロシュポからオータンへ向かう街道沿いにある。Auxey-Duresses はより小さなプティ・オーセイとムランとともに、ケルトやガロ・ロマン時代からぶどうの聖地だった。クリュニー修道会が管理し、その活動は穀物の粉挽きと、ぶどうの圧搾に分かれていた。後者は今日もなおワインを生産するために稼動している。1937年にAOCに認定される。

テロワール/Terroir

自然ははっきりと赤ワインを産する地区と白ワインを産する地区を分けた。Volnay と Monthélie から続くブルドン山は非常に小石の多い泥灰岩と石灰岩の基盤で、東と南東向きのclimatである Les Duressesで真価を発揮する。非常に石灰岩の多い Climat du val は南向きである。 La Chapelle では泥灰岩が石灰岩に勝る。メリアン山の秀逸な土壌は白ワインの Meursault と Puligny を楽園と化した。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

プルミエ・クリュ/1er Cruのクリマ/Climat

  • Bas des Duresses
  • Climat du Val
  • Clos du Val
  • La Chapelle
  • Les Bréterins
  • Les Duresses
  • Les Ecussaux
  • Les Grands Champs
  • Reugne

リュー・ディ/Lieu-dit

  • Auxey-Duresses
  • Creux de Borgey
  • Creux de Tillet
  • Derrière le Four
  • En Polianges
  • En Saussois
  • La Canée
  • La Chateille
  • La Jonchère
  • La Macabrée
  • La Montagne du Bourdon
  • La Ruchotte
  • Largillas
  • Le Larrey des Hoz
  • Le Moulin Moine
  • Le Pain Haut
  • Le Plain de Lugny
  • Le Porolley
  • Les Boutonniers
  • Les Closeaux
  • Les Cloux
  • Les Crais
  • Les Fosses
  • Les Grandes Vignes
  • Les Hautés
  • Les Heptures
  • Les Hoz
  • Les Lavières
  • Les Riames
  • Les Rondières
  • Les Vireux
  • Nampoillon
  • Pain Perdu
  • Sous la Velle
  • Sous le Marsain
  • Sur Melin
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}