すべてのブルゴーニュ/Bourgogneワイン
  •   
友人に送る印刷する

Aloxe-Corton アロース・コルトン

ブルゴーニュ/ Bourgogneのぶどう畑は、歴史的にも、世界的にも著名な偉大なるワインを産出してきました。
最も有名なプルミエ・クリュ/Premiers Crusとグラン・クリュ/Grands Crus以外にも、すばらしい地域名アペラシオン/appellations Régionaleと村名アペラシオン/appellations Villageが数多く存在しています。
84*のアペラシオンで彩られたあなたの探検はまだ始まったばかりです!

*ブルゴーニュ/Bourgogneは長い間100のAOCとお伝えしてきました:

これは84のAOCに加え、Dénominations Géographiques Complémentaires de l’AOC Bourgogne(ブルゴーニュのAOCに地理的補足を持つデノミナシヨン)も加えられていたためです。

概要

  • ぶどう生産地区

    VIGNOBLE DE LA CÔTE DE BEAUNE

  • インフォメーション


    村名アペラシオン/Appellation Village
    生産地域 :Côte de Beaune
    プルミエ・クリュのClimatsが14ある。
    生産コミューン:Aloxe-CortonとLadoix-Serrigny
    アペラシオンALOXE-CORTON とALOXE-CORTON PREMIER CRUはアペラシオン名の後ろにClimat名を記載できる。

  • 栽培面積

    1 hectare (ha) = 10 000 ㎡ = 24 ouvrées
    赤: 117.83 ha (うち 35.61 ha は Premier Cru )
    白: 1.04 ha

  • 年間平均生産量


    1 hectolitre (hl) = 100 litres = 133本   
    赤: 4 907 hl (うち 1 503 hl が Premier Cru )
    白: 80 hl ( Premier Cru は0 hl)

色 / ぶどう品種


赤ワイン: Pinot Noir
白ワイン: Chardonnay
This text will be replaced

ダウンロード

ワインの特徴

赤ワインは色調が濃く、深いルビー色、真紅のビロード、絹の光沢、ガーネットを思わせる。若いうちの香りは、春の庭園、赤(キイチゴ、イチゴ、チェリー)や黒(ブラックベリー、カシス)のベリー系。熟成させると芍薬やジャスミン、ジャム、オー・ド・ヴィ漬けフルーツ、ピスタチオ、プルーン、なめし革、トリュフ、茸、シナモンなどの香りに変化。土壌は割合に深く、コクがあり、しっかりした Pinot Noir に適している。3年から5年で頂点を迎えるが、堅牢でありながら、気品や純粋さ、果実味を失うことはない。ボディがしっかりとしたストラクチャーで、コクがあり、タンニンが心地よい。
ここでは白ワインは非常に稀である。

ソムリエのおすすめ


赤:Aloxe-Corton の印象的なパワーは香り豊かで、力のある料理を求める。コクがあり豊かなワインは、繊維質の多い硬めの肉も柔らげる。しっかりとしたきめの細かいタンニンは、霜降り肉のブラウンソースと絶妙に合う。偉大な赤ワインで、リブロースのステーキ、仔羊の蒸し煮、チキンロースト、チキンの照り焼きなどと相性がよい。肉入りクスクス、タジン鍋、鶏とカシューナッツのピリ辛炒めなどのエスニック料理や、époisses、ami du chambertin、livarot などのウォッシュタイプのチーズとの組み合わせもおすすめである。
サービス温度: 15~16℃

位置

Côtes de Nuits と Côtes de Beaune をつなぐコルトン山を境に景観が変わる。ボーヌ側に行くとなだらかになり、ゆるやかな渓谷の連なりが、やがて険しくなる。Ladoix-Serrigny や Pernand-Vergelesses 同様、Aloxe-Corton は理想的な位置に畑がある。1938年に認定された村名アペラシオン は、グラン・クリュの Corton と Corton-Charlemagne を取り囲むようにある。

テロワール/Terroir

コルトン山が地質の完璧な境目になっている。標高200~300m、赤味を帯びた褐色土壌で、珪土質の球状塊や石灰質の火打石の破片≪シャイヨ≫を含み、リン酸やカリウムが豊富である。畑は日の出から日没まで太陽があたっている。北部ではよりソフトでフルーティなワイン、南部ではしっかしりしたストラクチャーのワインになる。小石まじりの土壌はソフトで気品あるワインを、粘土、泥灰質土壌はより堅固で複雑なワインを産出する。

このアペラシオンのクリマ/Climat およびリュー・ディ/Lieu-ditのリスト

プルミエ・クリュ/1er Cruのクリマ/Climat

  • Clos des Maréchaudes
  • Clos du Chapitre
  • La Coutière
  • La Maréchaude
  • La Toppe au Vert
  • Les Chaillots
  • Les Fournières
  • Les Guérets
  • Les Maréchaudes
  • Les Moutottes 
  • Les Paulands
  • Les Petites Folières
  • Les Valozières
  • Les Vercots

リュー・ディ/Lieu-dit

  • Boulmeau
  • La Boulotte
  • La Toppe Marteneau
  • Les Boutières
  • Les Brunettes et Planchots
  • Les Bruyères
  • Les Caillettes
  • Les Citernes
  • Les Combes
  • Les Crapousuets
  • Les Cras
  • Les Genevrières et le Suchot
  • Les Morais
  • Les Petits Vercots
  • Les Valozières
Top
健康のため、飲み過ぎに注意しましょう。
{climat Vignoble Bourgogne Patrimoine Mondial}